プッシュアップバーを使った筋トレ方法

2016年09月12日

 

プッシュアップバーって何?


自宅で筋トレを行う際に役立つおすすめアイテムとして、プッシュアップバーというものがあります。プッシュアップバーとは、床に置いて腕立て伏せをするのに使用する道具です。

通常の腕立て伏せは、手のひらに負担が掛かり途中で手が痛くなることがありますが、プッシュアップバーを使用すると両手で握りながら腕立て伏せを行うことで、手のひらが痛くならず力が入りやすいのでトレーニングに集中できるメリットがあります。

プッシュアップバーは、腕立て伏せ以外にも筋トレを行う上でも役立つアイテムです。

そこで今回は、プッシュアップバーを使った筋トレについて詳しくご紹介します。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

トータルフィットネス(TotalFitness) プッシュアップバー STT020

 

プッシュアップバーの使い方


プッシュアップバーは、主に大胸筋などの胸回りの筋肉を鍛えるのがメインとなるツールです。

プッシュアップバーを置く位置は、握って身体を降ろした際に、胸の横の位置にくるようにします。プッシュアップバーを握り、腕立て伏せになり、胸を張った状態で身体が一直線になるようにして、胸を床ぎりぎりまで降ろします。

プッシュアップバーは、置く幅を変えることでさまざまな部分を鍛えることができます。幅を狭くすると上腕三頭筋、広くすると大胸筋を鍛え、腹筋も補助的に鍛えることができます。

 

プッシュアップバーで背筋を鍛える


背筋を鍛えるには、身体を降ろした時にプッシュアップバーがお腹の横にくる位置にセットします。この時も胸を張って、背中に意識を合わせて行うと良いでしょう。

 

プッシュアップバーで腹筋を鍛える

 

床の上に足をまっすぐ伸ばして座り、両腕のまっすぐ下に降ろした位置にプッシュアップバーを置きます。左右両手でプッシュアップバーを握り、体操選手のように身体を浮かせます。

これは、腹筋にもかなりの力が掛かるため、続ければ効果絶大となることでしょう。

 

手軽に筋トレを始められるプッシュアップバー


いかがでしたでしょうか。プッシュアップバーを使えば、大胸筋や腹筋、背筋など上半身の筋肉をバランス良く鍛えることが可能です。

また、日頃忙しくジムなどに通う時間が取れない方でも、自重トレーニングの定番でもあるプッシュアップならば、ご自宅で空いた時間に気軽に行うことができます。機具もコンパクトですので、邪魔になりにくく場所を取らないのもメリットです。

筋トレを効率良く行っていきたいという方は、まずはプッシュアップバーを使った筋トレから始めてみてはいかがでしょうか。

(画像はイメージです)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。