筋トレにオススメ!フラットベンチの選び方

2016年09月12日

 

ジムのマストアイテムを自宅にも!


ジムで行うような本格的な筋トレを、自宅でもしたい!という方におすすめのアイテムが、フラットベンチです。

このフラットベンチはその名の通りたいらでシンプルなタイプのベンチですが、これがあるだけでトレーニングの効率が大きく上がる優秀なアイテムなのです。

フラットベンチを使用して筋トレを行えば、腹筋、背筋、胸筋など、様々な箇所のトレーニングを効果的に行うことができます。ベンチの上でダンベルを持ち上げる「フラットベンチプレス」のようなトレーニングも、自宅でもできるようになります!

それでは、このようにぜひ自宅にも用意したいフラットベンチ、選び方のポイントをご紹介しましょう。

 

 

目的にあったものを選ぼう


トレーニング用のベンチには、いくつかのタイプがあり、それぞれを利用して行うことができるトレーニングは異なります。このため、自分がどのようなトレーニングを行いたいのか、しっかりとイメージを持ってベンチを選ぶことが大切です。

トレーニングベンチの種類を大きく分けると、水平なタイプのものと、角度がつくタイプのものになります。

水平なタイプのものがフラットベンチ、角度がつくものがインクラインベンチ、デクラインベンチと呼ばれます。また、角度を調整して、水平な状態でも角度をつけた状態でも使用できるアジャスタブルベンチという種類もあります。

その他、折りたたみができるフォールディングベンチという、置く場所を取らず手軽に移動できる、自宅に置くのに便利なタイプのものもあります。

このように、様々なタイプがあるトレーニング用のベンチですが、どのタイプにも共通して言えるのは、トレーニングの質に直結するということです。このため、単に「値段が安いから」という理由ではなく、その耐久性やサイズ、安定感など、慎重に検討してから購入することをおすすめします。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

リーディングエッジ フラットベンチ LEFB-005 [耐荷重200kg ダンベル トレーニング]

 

 

バランスボールで代用も


ここまでに、トレーニング用ベンチの選び方をご紹介しましたが、「ベンチを置くスペースがどうしても確保できない。」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、バランスボールで代用する方法もおすすめです。バランスが悪い、などのデメリットもありますが、床で筋トレを行うより、より効果的なトレーニングを行うことができます。

例えば、仰向けにベンチの上に乗り、頭上でダンベルを上下させるプルオーバーのようなトレーニングなどに、バランスボールでの代用は向いているでしょう。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

Kungix バランスボール直径65cmヨガボールフットポンプ付きエクササイズダイエットと運動ボール安心のアンチバースト仕様

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。