メリットいっぱい!水泳が健康にいい理由

2016年09月01日
水の中は体への負担が少ない


本格的に筋トレをするには、スポーツジムにいくのが一般的ですね。最近は、筋トレ目的でジムに通う女子も多くなりました。でも、水泳で筋トレができるって知っていましたか? そればかりか、ダイエット効果もあるんです。

水の中は、地上でおこなう普通の筋トレより、全身にかかる負担が少なくてすみます。水中では浮力がはたらくため、体重が約10分の1の軽さに。腰痛や膝の痛みがある人は、水中ウォークをおこなうことで体に無理なくトレーニングがおこなえます。

体への負担が少ない水中で、ほんとに筋トレができるの? と疑問を持った人、プールで泳いだ後の全身のだるさと疲労感を思い出してください。水の中では、つねに水圧がかかっています。水の抵抗は空気の抵抗より大きいので、ただ水中を歩くだけでもかなりエネルギーを使います。

 

 

 

水中運動でカロリー消費


水泳を始めるとなると、最低でもフィットネス用の水着、ゴーグル、キャップを用意しなければなりません。それもあって、水泳には抵抗があるという人が多いですね。顔を水につけたくない、泳ぐのがそもそも苦手、水着を着るのがイヤ、などなど理由はいろいろあります。

泳ぐのが苦手な人は、水中ウォークや水中体操から始めましょう。教室に入ると、脂肪燃焼効果の高い体の動かし方をいろいろ教えてくれます。1時間水中で運動するだけで、足腰に負担なく、自然に有酸素運動ができます。しかも地上でウォーキングするより消費カロリーは高く、軽くジョギングするくらいの運動量になりますよ。

水中運動には、もちろんダイエット効果があります。ただしプールから上がったときの疲労感と空腹感はふだんより強いので、くれぐれも過度の飲食に注意。水分補給は大事ですが、つい食べ過ぎたりビールを飲んでしまったりでは、痩せるどころではないですね。

 

 

 

体調のチェックとストレッチを忘れずに!


まず泳ぐ前には、血圧や心拍数などを計り、体調のチェックをします。水泳は思ったより激しい運動です。その日の体調を見て、運動量を加減しましょう。ストレッチも必須、筋肉や関節を十分に伸ばしておきます。泳いでいる途中で足がつるなんてことのないように。

水泳選手のように本格的に泳ぐ場合、クロール1時間で1000キロカロリー前後、平泳ぎは1時間で700キロカロリー前後を消費するといわれています。10キロのランニングで500キロカロリー前後の消費なので、水泳の運動量はすごいです。

ただしこれは、あくまでも水泳選手の練習。一般の人が頑張って1時間泳いでも、消費カロリーはおよそ300~500キロカロリー。それにしてもなかなかの運動量です。

 

 

水泳は全身運動


水泳で筋トレをおこなうためには、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライのうち、少なくともクロールと平泳ぎの基本的な泳ぎ方を知っている必要があります。本格的に泳いで筋トレをしたいという人は、レベルに合わせた水泳教室に入りましょう。息継ぎのしかた、腕の回し方やバタ足の動かし方などを正しく知れば、無駄なく筋肉を鍛えることができますね。

基本の泳ぎ方をマスターしたら、インターバルトレーニングがおこなえます。始めは25Mからクロールを全力で泳ぎ、徐々に距離を増やして100Mまで泳げるように。休憩をはさみながら全力の泳ぎを繰り返すことが水泳での筋トレのポイントです。

クロールは、腕を大きくかき、しっかり伸ばします。同時に脇腹を交互にねじるように泳ぎ、膝を曲げないようにバタ足を強く打ちます。肩、腕、腹筋、背中、足の筋肉が鍛えられる全身運動です。

平泳ぎは、肩、腕、腰、腹筋、背筋、太ももの筋肉を鍛えます。水の中でバランスをとりながら泳ぐので、とくに下半身と背筋を使う泳ぎですね。

ゆっくりとした泳ぎのクロールで、1キロから2キロの距離を往復している人もいます。これは筋トレにはなりませんが、有酸素運動には効果大。健康と体力の維持には適した方法です。

水中での運動には、地上とは違ったさまざまな効果があります。筋トレ、ダイエット、健康維持、それぞれ自分の目的や体調に合った水泳を楽しみましょう。

(画像はイメージです)

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。