スポーツドリンクの選び方と効果って?

2016年08月24日

 

目的にあったスポーツドリンクを選ぼう


ひと昔前の体育会系の部活では、練習中には水を飲むな!と厳しい指導がありましたね。でも、今は運動中にも水分をしっかりととって体調を管理する、ということが常識となりました。

それでは、運動時の水分補給に適した飲み物は何でしょうか?

それは、その運動をする目的によっても変わってきます。体を鍛えるため、部活動などでの運動など、激しい運動には疲労回復に効果があるもの、ダイエットを目的とした運動には脂肪燃焼を助ける効果があるものなど、目的によって飲むスポーツドリンクを選べば、運動もより効果的なものとなります。

それでは次に、運動の目的別に適したスポーツドリンクをご紹介しましょう。

 

 

どのタイミングで飲むかがポイント!


みなさん、「アイソトニック飲料」「ハイポトニック飲料」という言葉を聞いたことがありませんか?そう、スポーツドリンクのコマーシャルなどで良く聞く言葉ですよね。

この二つ、似ているようですが、違いがあります。

まず、含まれている糖質、これが約6~8%のものがアイソトニック系、約2.5%のものがハイポトニック系と呼ばれます。

アイソトニック系のスポーツドリンクは、浸透圧が血液や体液と同じになるように作られているため、水分補給に適しているといえますね。代表的な商品としては、アクエリアスやポカリスエットなどがこれにあたります。

一方、ハイポトニック系のものは、浸透圧が通常の体液よりも低くなっています。この「通常」というのがポイントで、体液の浸透圧は実は運動中の選手では、2~3%まで低下しているのです。

このため、運動中の水分補給に適しているのは、ハイポトニック系の飲料ということになるのです。代表的な商品としては、アミノバイタルやヴァームウォーターなどがあります。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

 

アミノバイタル GOLD 30本入箱

 

 

ダイエットに効果的なドリンクは?


ここまでに、アイソトニック系とハイポトニック系のスポーツドリンクの違いについて、ご説明しましたが、スポーツドリンクには、他の働きを持つものがあります。

そのなかのひとつは、アミノ酸飲料。筋肉を維持するために効果があるといわれているBCAA(アミノ酸)を、多く含んでいます。

筋肉量の増加は基礎代謝の増加、ひいてはカロリーを消費しやすい体につながるため、ダイエット中の方は、運動中に取り入れたいスポーツドリンクです。代表的な商品には、アミノバリューなどがあります。

他にも、運動中の体脂肪燃焼をサポートするドリンクとしては、ヴァ―ムダイエットなどの商品があります。体脂肪を燃焼させるには運動が不可欠となりますが、この運動時の脂肪燃焼の効率をアップさせるのが、このドリンクです。軽い運動でもダイエット効果を上げたい!という方にはおすすめですね!

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。