内臓疲労予防にいい食べ物・サプリ

2016年09月05日
 
内臓疲労とは?


最近、なんだか疲れがとれなくてだるい日が続いているなんて方もいらっしゃることでしょう。内臓疲労という言葉をご存知でしょうか。

内臓疲労は、日頃の不規則な食生活によって、胃腸が正常に機能せず、食物を消化吸収する機能が低下しエネルギーがうまくつくりだせない状態です。主な症状として、だるさや疲れ、胃もたれを起こすことや食欲不振などがあげられます。

内臓疲労は、食生活の改善によって回復させることが可能です。今回は、内臓疲労予防にいい食べ物やサプリについて詳しくご紹介します。
 

内臓疲労予防にいい食べ物


内臓疲労予防にいい食べ物をいくつかご紹介します。

腸の働きを良くする食べ物としては、ニラや、ほうれん草などがあげられます。ニラは、腸内の有害細菌を一掃し、腸の働きを活発にしてくれます。ほうれん草は、食物繊維を多く含んでいるため消化されにくく、消化されなかった物が腸を刺激して腸液の分泌を促進してくれる働きがあります。

胃腸や腸粘膜の働きを助ける食べ物としては、山芋があげられます。山芋の成分の中に含まれているアミラーゼ、オキシダーゼ、グリコシダーゼなどの成分が、腸内細菌の性質を良い物に改善し、腸粘膜の働きを助けます。

また、食べる時は、良くかんで食べることによって胃腸の老化予防にもつながるとされています。

腸内細菌を助ける食べ物としては、ヨーグルトがあげられます。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌の2種類があるのですが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、善玉菌を助ける働きがあります。

 

 

 

内臓疲労におすすめのサプリ


内臓疲労におすすめのサプリをいくつかご紹介します。

身体がだるい時や、疲労感のある時は、ビタミンBがおすすめです。ビタミンBは、糖質をエネルギーに変える働きをもっていますので、栄養素を吸収する助けとなるでしょう。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

DHC ビタミンBミックス 60日分 120粒



胃腸の調子が悪い時には、ウコンがおすすめです。ウコンは、胆汁の分泌を活発にする働きがあり、消化吸収にも役立ちます。また、肝臓を強化する働きもありますので、飲み過ぎた時にも摂取すると良いでしょう。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

DHC 濃縮ウコン 60日分 120粒

 


お腹の調子が悪い時は、乳酸菌がおすすめです。乳酸菌は、腸内の善玉菌を助ける働きがあるので、消化吸収を正常な状態に戻すにも役立ちます。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

ヤクルト Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒

 

 

内臓疲労予防にいい食べ物やサプリを取り入れて元気な生活を送ろう


いかがでしたでしょうか。内臓予防にいい食べ物やサプリは、スーパーやドラッグストアで販売しているような比較的身近に取り入れやすい物ばかりです。

この機会に、食生活を見直し、内臓疲労予防につながる食べ物やサプリを取り入れて、元気な生活を送りましょう。

(画像はイメージです)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。