おウチで、動画で、糖尿病エクササイズ!

2016年08月18日

 

糖尿病だから運動しなきゃと思うけど、ウォーキングもジョギングも苦しくて・・・


糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法を平行して行うことです。なぜかというと、日本人の糖尿病患者の95%といわれる「2型糖尿病」の主な原因が、肥満、過食、運動不足によるものだからです。糖尿病の治療は食事に気を付けることはもちろん、手軽にできる運動を毎日続けることも大切です。

糖尿病の運動療法では、インスリンの働きをよくするための「有酸素運動」と、筋力アップのため体に負荷をかけて行う「レジスタンス運動」をバランスよく行うことが必要です。

協和発酵キリン株式会社は、自社webサイトの糖尿病疾患情報サイト『糖尿病サポートネット』内に新しく「DREAM EX(ドリームエクササイズ)」を公開しました。

運動療法をはじめたばかりの2型糖尿病患者や高齢の糖尿病患者が取り組める運動を掲載。パソコンやスマートフォンで体の動かし方を動画で確認できます。

監修は大阪市立総合医療センター 糖尿病・内分泌センター 細井雅之氏。

 

 

 

「上がって降りる」を1分間に15回の有酸素運動


有酸素運動では、家の中でカンタンに行える「踏み台昇降運動」が掲載されています。ステップの速度を変え、「1分間に60回」と「1分間に80回」の2種類の動画が用意されています。

「1分間に60回」の動画では、踏み台に片足を載せると1回、もう片方の足も上げ踏み台に両足で立つと2回、片足を下ろすと3回、残った片足も下ろすと4回と、上がって降りることで4回の運動回数となっています。

1分間に60回というと多いような気がしますが、実際は「上がって降りる」を1分間に15回行う運動なので、気軽に取り組める内容です。

物足りない場合や慣れてきたら時間を長くしたり、手に重りを持ったりして自分に合わせて負荷を上げることができます。

 

 

 

 

レジスタンス運動で筋力アップ


レジスタンス運動は筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を繰り返し行う運動です。カーフレイズ(つま先立ち)、スクワット、ペクトラルフライなど9種類の動画が掲載されています。

立ったまま行う運動、椅子に腰かけて行う運動があり、速さはゆっくりで無理をせず行えます。

他にもヨガのポーズとして、木のポーズ、ねじりのポーズ、三角のポーズなど4種類のポーズの動画が掲載されています。

これらの運動は家でも行えるため、日々の生活に取り入れることで代謝力と筋力が上がり、糖尿病による症状を改善できるでしょう。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プレスリリース
http://www.kyowa-kirin.co.jp

DREAM EX(ドリームエクササイズ)協和発酵キリン株式会社
http://www.kyowa-kirin.co.

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。