若さを保つ為にはどんな運動をすれば良い?

2016年09月21日

 

若さを保てるなら


これは永遠のテーマと言えそうです。若さは永遠ではないとしてもできるだけ長い間若さを保っていたい、若返りたいと思うのは男性も女性も同じではないでしょうか?

もちろん美しく、渋みのある年の重ね方もありますので、一概に老けることが悪いこととは言えません。ですが「少しでも若く見られたい」と思うのなら若さを保つ為の運動に挑戦してみませんか?

 

アンチエイジングと運動とスポーツ


運動、スポーツと一言で言ってもそれらは、様々な種類があります。アンチエイジングに役立つ運動に関して先に注意点を言ってしまうと、「老けない運動の仕方」があります。

激しい運動を休憩なしでいきなり始める、やりすぎてもいけないし全く運動をしないのもいけません。程々に体が喜ぶ運動をとりいれましょう。

 

 
筋力トレーニング


まずはたるんだ体を筋トレで鍛えることから始めます。有酸素運動ばかりしても筋力は鍛えられずに老化とともに衰える一方です。筋力が低下すると、たるんだ体は重力に従いたるみ、シワが増えていく一方です。

有酸素運動と一緒に適度に休憩を入れながら筋力トレーニングも2~3回はとりいれましょう。ダイエットの助けにもなり、若々しいボディラインを作ることが出来るかもしれません。

具体的にはフィットネスクラブへ通い、専用の機材を使用するのもおすすめですが、体幹を鍛える為にはプラスしてダンベルでトレーニングも行うととてもいいです。

アンチエイジングの為には筋力トレーニングを行い、成長ホルモンを分泌させることも必要です。やればやるほど筋力がつくと思い頑張りすぎると逆に体調を崩してしまうこと、ケガをしてしまうこともあるのでくれぐれも無理は禁物です。

 

ヨガでしなやかさを手に入れる


ヨガの呼吸法は深呼吸が基本で、深呼吸をすると酸素が体中に行き渡り代謝が良くなります。ヨガのポーズを完璧にこなすようになれば、美しいボディラインへの近道となりしなやかで美しい体を手に入れることが出来るかもしれません。

 

ランニングやウォーキングで有酸素運動


ある程度筋力や深呼吸が身についてきたら今度は、体力をつけていきます。若々しさとはやはり見た目もそうですが、体力があるかどうかもポイントと言えます。

ランニングは負荷がかかりすぎるので難しい人はウォーキングでも大丈夫です。姿勢を正して早足で腕をしっかりと90°に曲げて振りながら10分ほど歩くことからスタートします。

 

有酸素運動後はストレッチ


運動した後はストレッチをして体を整えます。筋肉をいたわり、柔軟性と血行をよく出来ます。ケガ、筋肉痛、疲労感の予防にもなりますのでぜひとりいれてみましょう。

下半身を重点的に行い屈伸やアキレス腱伸ばし、足首をぶらぶらさせるなど簡単なストレッチでも大丈夫です。筋肉の緊張をほぐすことが大切です。

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。