腹筋ローラーの使い方って?

2016年09月15日

正しい使い方で効果的にトレーニング


「最近、おなかがぷよぷよとたるんできたかも」こんな悩みをお持ちの方、腹筋を自宅で手軽に鍛えることのできる腹筋ローラーをご存知ですか?

筋肉をつけるために必要な高い負荷をかけることができて、さらにおなかだけでなく、背中や腕、足の筋肉も鍛えることができるというすぐれものです!

小さな円盤に取っ手がついていて、これを両手でもって床をコロコロと転がすトレーニング。一見簡単なように見えますが、初めての人は次の日は筋肉痛になるほどの負荷をかけて鍛えることができます。

このように、お手軽にできて効果もある腹筋ローラーですが、正しいやり方でトレーニングしないと、腰を痛めてしまうこともあります。次に、具体的なトレーニングのやり方をご紹介しましょう。

 

 

ポイントは背中を丸めて!


腹筋ローラーは腹筋を効果的に鍛えることができるものですが、使い方を間違えると肩や腰に大きな負担がかかって痛めてしまうこともあります。ここで、正しいやり方を覚えましょう。

初めての方におすすめのやり方は、膝をつけてローラーを転がす方法です。はじめに、膝をつけて腹筋ローラーを床に置き、両手で取っ手をつかみます。この方法で、腹筋を意識しながらゆっくりと前の方に転がします。

このとき、背中がまっすぐになっていると、腰に負担がかかって痛めてしまうことがあるので要注意です。腰を丸めて転がすコツは、手首もまっすぐにせずに猫の手のように曲げてローラーを前に押し出すことです。

最初のうちは、前に転がす距離を短く、「押して引いて」の10回を1セットとし、毎日3セットを目指して頑張ってみましょう。慣れてきたらこの回数を増やすほか、だんだんと前に出す距離を伸ばすことで、腹筋への負荷を上げていきましょう。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音ペアリングデザイン 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

 

 

上級者は立ってコロコロ


膝をついてのトレーニングが物足りなくなってきたら、次の段階にチャレンジ!

立った状態で腹筋ローラーを持ち、足を伸ばしたままローラーを床につけます。ここから前に腹筋ローラーを押し出し、床に体がつくギリギリのところまで体を伸ばします。しっかり体が伸びたら、ローラーを引き戻しながら体を元の状態に戻しましょう。

ただし、このやり方はかなり負担がかかる方法なので、膝をついてのやり方で50回位を連続でできるようになってからにしてくださいね。

焦らずに毎日コツコツとトレーニングを続けて、引き締まったおなかを目指しましょう!

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。