10人に9人が「かくれ栄養不足」という衝撃的事実が判明

2016年06月28日
1465194215

「食生活と栄養に関する意識調査」で

キリン・トロピカーナ株式会社は、2016年4月23日~24日にインターネットを通じて行った「食生活と栄養に関する意識調査」の結果を発表しました。この調査は、東京都内在住の20~60歳代の男女合わせて555名を対象に行われました。

年代が上がると健康への意識が高まり栄養バランスに自信

回答で自分の栄養バランスに「自信がある」「やや自信がある」と答えた人は、約4人に1人の割合で、年代が高くなるにつれて多くなっていました。30~40代では男女ともに20~23%と少なく、一番多かった60代女性では約40%で「自信がある」と答えました。

1465194215

栄養解析の結果「顕著な栄養障害」

今回の調査では、自分の栄養バランスに「自信がある」と回答した人のうち10人に対して、血液検査に基づく栄養解析を行いました。その結果、なんと9名において「顕著な栄養障害が見受けられる」という最低評価となりました。

全員「ビタミンB1」「ビタミンB6」「亜鉛」が不足

食生活など健康を意識しているからこそ「自信がある」と答えたはずですが、それでも「顕著な栄養障害」とは驚きです。検査した10人全員が「ビタミンB1」、「ビタミンB6」、「亜鉛」が欠乏していることから、これらが栄養障害にならないためにも非常に重要な栄養素であることが明らかになったと言えます。

1465194215

栄養バランスの自信は体調とも相関

一方、「自信がない」または「あまりない」と答えた約70%の人の中には、「やる気がない」、「疲れている」、「倦怠感が抜けない」など、自分自身で体調不良を自覚している人も多いようです。

1465194215

栄養素をバランスよく摂るポイントを見直す

栄養不足は、様々な病気を引き起こす原因にもなります。必要な栄養素をバランスよく摂取するには、1日3回、一汁三菜を意識して食事をすること、また、果物や乳製品の摂取も大切ということです。コンビニで購入する場合や外食をする際にも、少し意識して、栄養不足に陥らないように心がけたいものです。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

キリン・トロピカーナ株式会社 ニュースリリース
http://www.k-tropicana.com/newsrelease

PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。