ストレスチェック英語版がリリース!

2016年08月08日
1467621877

外国籍従業員もストレスチェック

昨年12月に施行されたストレスチェック制度をご存じですか?6月29日、株式会社USENは、外国籍従業員にも使いやすいメンタルヘルス対策支援ASPサービス『こころの保健室』英語版を、7月にリリースすると発表しました。

WEB上の保健室

働いていれば誰しもストレスを感じるものです。場合によっては心身ともに不調に陥ってしまうことも。そこで昨年その対策として、事業者にストレスチェックと面接指導を義務づける制度が設けられました。

働いていてストレスを感じるのはどの国の人も同じ。しかし、これまで英語でストレスチェックできるサービスがなく、母語が日本語以外の外国籍従業員が働く外資系企業などから、ストレスチェックサービス『こころの保健室』英語版のリリースが望まれていました。

『こころの保健室』は2015年2月からスタートしたサービスで、ストレスチェックはもちろん、メンタルヘルスについて学べる「eラーニング」や、「疲労度チェック」などを提供している、WEB上の保健室です。

全ての従業員にメンタルヘルス対策を

同サービスでは質問票から結果レポートまで英語。日本語が苦手な従業員のストレスチェックがやりやすくなるため、外国籍社員が多く所属する航空会社のPeach Aviation 株式会社では、こうした社員に対するストレスチェックに同サービスを発注しました。

労働者が健康に働けないことは、その人やその会社だけの問題ではなく、社会の損失と言えます。企業で制度に則ったストレスチェックも大切ですが、自分の心と体を大切にして、ストレスをためないよう気をつけましょう。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

こころの保健室
http://kokoro-mental.com/


株式会社USEN プレスリリース(PRTimes)
http://prtimes.jp/

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。