その「ムダづかい」脳のせいらしいですよ!

2016年08月08日
1467621716

脳神経外科の専門医が教える「お金の使い方・貯め方」

7月1日(金)文響社から脳医学と心理学に基づいた「ムダづかい」解消法についての書籍「そのお金のムダづかい、やめられます」が発売されます。脳神経外科医である著者・菅原道仁氏が、「節約」ではない新しい「お金の貯め方」を伝授します。

「ムダづかい」の原因は2つ

同著によると、「欲しい」と思ったものが「必要だ」と思い込ませようとする「脳のムダづかいぐせ」と、売る側の巧みな販売戦略の2つが、ムダづかいの大きな原因だといいます。

たとえば、ある商品を「素敵だ」と思って衝動買いをするのは、ドーパミンの分泌で興奮状態にある脳からの「買うべきだ」という指令(思い込み)のせいだそうです。

また、同著内で紹介されているアメリカ・デューク大学のダン・アリエリー教授の実験では、選択肢が2つから3つになっただけで52%の人が「ムダづかい」につながる誤った判断をしたという結果が出ています。

脳の仕組みを知って「買いたい」衝動が起きたときにそれを客観的に点検する「メタ認知力」を鍛えることで、「本当は欲しくないもの」を買わずにすめば、満足度の高いお金の使い方ができ浪費を防ぐことができるというのです。

「LINEの無料スタンプをよく使う」「欲しいものに『似ている安いもの』でガマンする」「『あと○○円で送料無料』だから必要なものを探す」、当てはまる人は気をつけたほうがいいそうですよ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

文響社 プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000003336.html

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。