熊本の人々のこころを支える

2016年07月15日
1467959643

熊本の人々を支援

7月1日、特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンによる『熊本いのちの電話』への支援のスタートが、同日発表されました。悩みや不安を抱える熊本の人々を、電話相談で支援します。

誰かに話したい

誰かに話したい気持ちは誰にでも話せるわけではありません。しかし、誰にも話さないで1人で抱え込むと時に自殺につながることも。こうした最悪の事態を防ぐため、「熊本いのちの電話」は悩みや不安を抱える人々をサポートします。

あの大きな被害をもたらした熊本地震から2ヶ月が経ちました。町の復興や、生活の立て直しに向けての動きが出始める中、地震で傷ついた心が置き去りになっている現状があります。そこで求められるのが心のケアなのです。

この「熊本いのちの電話」は、24時間受け付けしているフリーダイヤル(熊本県内のみ)です。通話にかかる費用の負担がないことや、1日のうちいつでもかけられることから、気軽に利用することができます。

こころを支える電話

この取り組みは、今年12月末日までの予定で実施されます。開始は7月1日12時から。電話番号は、0120-87-4343(話そう しみじみ)です。

国際協力NGO法人チャイルド・ファンド・ジャパンの支援で、九州、沖縄のいのちの電話センターの協力を得て、増加する電話相談に対応していく体制が作られました。

この同NGO法人は、これまでにも、東日本大震災はもちろん、世界各地の災害で被災地支援をし、熊本地震の際にも、現地にスタッフを派遣しています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

熊本いのちの電話
http://www.kind-line.org/page0148.html

国際協力NGO法人チャイルド・ファンド・ジャパン
https://www.childfund.or.jp/

熊本いのちの電話 プレスリリース(@press)
https://www.atpress.ne.jp/news/106780

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。