SNS利用 パートナーとつながってますか?

2016年08月09日
1467622809

つながる方が「良いこと多い」

婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは6月30日、「子どもを持つ夫婦のコミュニケーション/ソーシャルネットワーキングサービス(以下SNS)利用」に関するアンケート調査の結果を発表しました。

これは同社が行った子どもを持つ30代の既婚男女2,200名に対するインターネット調査で、パートナーとの連絡手段としてSNSを使っていると答えた200人と使っていないと答えた200人、合計400人を対象に2次集計を行った結果です。

SNSでつながっている夫婦でメリットを感じている夫婦は65.6%で、コミュニケーション面や写真や子どもの近況など情報の共有面でメリットを感じるという意見の他、「お互いの交友関係や興味がわかりクリアな関係でいられる」などの意見もありました。

メリットに関して「どちらとも言えない」と答えた33.1%の中には「見たくなかったことも、見て良かったこともあった」「交友関係が見えすぎる」などの意見がありました。

一方、SNSでつながらない夫婦でメリットがあると感じているのは38.1%、理由は交友関係にとやかく言わないで済む/言われたくないというものや、生のコミュニケーションを大切にしたいというものが見られました。

それでも「できるだけ見られたくない」

配偶者を含む他の家族に自分のSNSを見られてもいいかという項目で、SNSでつながっている夫婦でも「見られてもいい」は38.2%で「見られたくない」の31.8%とあまり差が開きませんでした。

つながらない夫婦では、つながらない理由にも挙げられていたとおり、「見られたくない」が49.1%と半数を占めました。

それでも「家族に見られると困る不適切な投稿/つながりを削除した経験がある」人は、どちらのグループでも20%未満だったため、「見られたくない」のは実際に不適切な関係があるからというわけではなさそうです。

(画像はプレスリリースより)
株式会社パートナーエージェント調べ


▼外部リンク

株式会社パートナーエージェント プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000006313.html

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。