インターネットで買える薬と買えない薬

2015年12月09日

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てする」というセルフメディケーションの時代に欠かせないのがOTC医薬品。安全性や利便性を求める国民のニーズや医療費削減の課題を背景に、近年「スイッチOTC」や「ダイレクトOTC」と呼ばれる新しいタイプの医薬品が、自らの判断で買えるようになりました。今後もその数は増える傾向にあり、ますますセルフメディケーションの幅が広がることが期待されています。

「スイッチOTC薬」と「ダイレクトOTC薬」とは?

 

「スイッチOTC薬」とは、医療用として長く使用されてきた有効成分のうち、比較的副作用が少なく、安全性や有効性が高い成分を、医療用医薬品から一般用医薬品へ転用(スイッチ)し、OTC薬として販売されているものです。鎮痛薬や胃腸薬、禁煙補助剤や発毛・育毛剤のほか、一般用検査薬もあります。

「ダイレクトOTC薬」とは、日本では医療用医薬品として使用実績のない新しい成分が、直接(ダイレクトに)一般用医薬品として販売されているものです。発毛・育毛剤や足のむくみ改善薬、月経前症候群改善薬などがあります。

 

インターネットで買えない「要指導医薬品」

 

OTC薬の使用は、購入者の自己判断に委ねられるので、安全性が重要。OTC医薬品は、副作用などのリスクに応じて分類され、販売方法にもそれぞれルールが設けられています。特に、医療用から一般用にスイッチ(転用)されて間もない「スイッチ直後品」や「ダイレクトOTC薬」は、一般用医薬品ではなく「要指導医薬品」という特別のカテゴリーに指定されています。「一般用医薬品」と「要指導医薬品」の大きな違いは、前者がインターネットやコンビニエンスストアでも買えることに対して、後者は買えないということです。

「要指導医薬品」とは、薬剤師が対面で、年齢やほかの医薬品の使用状況などを確認し、文書による情報を提供することが義務づけられている薬です。薬局では、直接手に取れない場所に陳列してあり、購入数量などの制限があります。

 

リスクにより分類される一般用医薬品

 

薬局やドラッグストアなどのほか、インターネットやコンビニエンスストアでも購入可能な一般用医薬品は、副作用などのリスクによって次の3つに分類され、その分類名は外箱や本体に記されています。


自分に合う薬や使い方など、分からないことや質問があれば、薬剤師とよく相談してOTC医薬品を正しく使い、効果的なセルフメディケーションに役立てましょう。


参考サイト: 『日本OTC医薬品協会』のHP
http://www.jsmi.jp/index.html

「医薬品の販売制度」厚生労働省のHP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/ bunya/0000082514.html

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。