亀田製菓、腎疾患患者用低たんぱく質ごはん発売

2016年07月04日
1467355364

「ゆめごはん」「ゆめ」の新規格品、新商品の発売開始

亀田製菓株式会社は、腎臓病などで低たんぱく食事療法が必要な人々に向けて製造している「ゆめごはん」シリーズ及び「ゆめ」の新規格品、新商品の発売開始を発表しました。

厳しい食事療法の継続が必要な慢性腎不全患者にとっては、食事をより豊かな楽しいものにする工夫が大切です。「ゆめごはん」や「ゆめ」を使うことで、主食となるごはんのたんぱく質が減るため、副食のおかずの幅を広げることができます。食生活の質の向上に貢献できる商品としています。

「ゆめごはん1/25トレー大盛り200g」

「ゆめごはん」シリーズは、長年にわたってはぐくんだ製造技術を結集させた製品です。 たんぱく質を低減しながら独自の「特製二度蒸し」製法を用いています。トレー入りごはんにありがちな特有の臭いを極力抑え、ごはん本来のおいしさを損なわずにふっくらと仕上げています。

2016年6月23日(木)より新発売となる、低たんぱく質食品腎疾患患者用食品「ゆめごはん1/25トレー大盛り200g」は、現行の「ゆめごはん1/25トレー」(内容量:180g)を、顧客の要望により増量した製品です。

すでに発売中の「ゆめごはん1/25小盛り140g」(内容量:140g)とあわせて、3種類の商品がそろうことになります。ごはんの選択肢が広がることで、患者の食事療法が継続しやすくなるでしょう。

「常温保存ゆめ1/25」

「ゆめ」は、たんぱく質を普通のお米の約1/25に抑えた炊飯米です。洗米・吸水の必要はなく、ふっくらと粘りのあるごはんに炊き上がります。

これまで、開封後冷凍保存が必要だった従来品が改良され、常温保存が可能になりました。7月からの販売を予定しているとの発表です。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

亀田製菓株式会社のニュースリリース
https://www.kamedaseika.co.jp/admin/images/news

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。