キユーピー株式会社、「油と健康」サイトをオープン

2016年07月01日
1467274518

「油と健康」サイト、6月20日から閲覧可能

マヨネーズやドレッシングの原料である“植物油”に含まれている栄養素は、人間にとって大切なものです。キユーピー株式会社は、毎日の健康な食生活に役立つよう、“植物油”を紹介する「油と健康」サイトを、6月20日に開設しました。

「油と健康」は、九州大学・熊本県立大学 名誉教授 菅野道廣氏監修のもとで、わかりやすく工夫されたサイトになっています。

植物油について

マヨネーズやドレッシングの原料である「植物油」は、3大栄養素の1つである「脂質」の供給源です。「脂質」は、健康維持に必要な必須脂肪酸やビタミンを含む、毎日の生活になくてはならない栄養素です。

「脂質」は体内で、中性脂肪やリン脂質、コレステロールとして存在し、生命活動に必要なエネルギー源や、細胞膜の構成成分として働きます。植物油などに含まれる「脂質」はおもに中性脂肪であり、「グリセロール」に、3つの「脂肪酸」が結合したかたちをしています。

脂質を構成する脂肪酸には、栄養学的に重要な成分ですが、体内で作ることができない、「必須脂肪酸」と呼ばれる“n-3系脂肪酸”と“n-6系脂肪酸”があり、食べ物から取らねばなりません。食品群別に見ると、「植物油」はその主要な供給源となっています。

さらに、「植物油」は、抗酸化作用があり、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けるビタミンEの重要な供給源でもあります。

「n-3 系脂肪酸」「n-6 系脂肪酸」について

“機能性”をもつ脂肪酸として、「n-3 系脂肪酸」「n-6 系脂肪酸」があり、「植物油」はその主要な供給源です。

「n-3系脂肪酸」には、“血圧低下作用”が報告されているα-リノレン酸をはじめ、EPA、DHAがあり、「n-6系脂肪酸」には、血中コレステロールを低下させるというリノール酸やアラキドン酸があります。

α-リノレン酸は、アマニ油(毎日小さじ一杯が目安)などに多く含まれており、リノール酸は大豆油(毎日大さじ一杯が目安)などに多く含まれています。


▼外部リンク

キユーピー株式会社のとれたてニュース
http://www.kewpie.co.jp/know/health/oil/

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。