お茶で約2億個の乳酸菌がとれちゃう!新フレーバー登場

2016年07月28日
1466666073

生きた乳酸菌入りシリーズに2種類を追加

自社開発のインスタント茶の製造販売を行う柳屋株式会社は、このたび手軽に乳酸菌を摂取できる「ラクリス(R)生きた乳酸菌入りパウティーシリーズ」にジャスミン茶とルイボスティーを加え、6月1日より発売すると発表しました。

乳酸菌がとれるお茶パウティー

同社の販売しているパウティーシリーズは、スプレードライ製法によりうまみ成分を凝縮したインスタントのお茶。これまでも緑茶や黒烏龍茶のフレーバーで高い評価を得ていました。

その秘密は1グラムに含まれる約2億個のラクリス(R)。一般の乳酸菌が70度で死滅してしまうのに対して、ラクリス(R)は胞子という天然のカプセルに守られているから耐熱性が高く、85度で30分もの加熱にも耐えられます。

しかも人の胃酸と同じpH2.0の酸でも死滅しないので、生きたまま腸に届き乳酸菌を増やすことができます。

新しいフレーバーが加わって4種類に

乳酸菌の効果を実感するためには、1日で約200~500グラムのヨーグルトを摂取することが望ましいとされていますが、パウティーシリーズではわずか1~2杯のお茶で推奨量をとることができます。

今回は、新たにジャスミン茶とルイボスティーを加え全部で4種類に増えたので、好みや気分に合わせて、より気軽に乳酸菌を摂取できるようになりました。

同社では今後も開発を続け、種類を増やす予定であるとしています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

柳屋株式会社のプレスリリース(@Pressより)
https://www.atpress.ne.jp/news/104371

柳屋株式会社
http://yanagiya-charaku.jp/

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。