不二製油グループ本社、食の新市場創造のために

2016年07月15日
1466572054

不二製油グループ本社、新たな事業構想を発表

不二製油グループ本社株式会社は、2016年6月14日(火)に、事業構想に関する記者発表会を開催し、「おいしさと健康」を両立させた食の新市場を創造し、社会に貢献していくための事業を本格的に展開すると発表しました。

「おいしいものは体に悪い」、「体に良いものはおいしくない」という対立概念でとらえられることが少なくありません。これはかなしいことで、「おいしさと健康」は本来一体であるべきものです。

顧客企業のその先にいる消費者を忘れず「B to B for C」の視点でマーケティングを強化し、「おいしさと健康」を技術の力で両立させることで社会に貢献するとしています。

また、「おいしさと健康」の取り組みを、具体的に社内外に発信する役割を担う健康担当役員の設置も発表されました。

安定化DHA・EPA事業

発表された新たな事業構想の一つの柱として、安定化DHA・EPA事業があげられています。

DHA・EPAは、健康優位性が明らかですが、酸化の速さや「魚臭」のために、食品に利用するにはリスクが高く、消費者にとっては「摂りたいけれど摂りにくい」成分です。

世界中で一般食品への採用がほとんど進んでいない中で、世界で初めて安定化DHA・EPAを実現したことを報じており、この事業を、「おいしさと健康」を実現する具体的施策として新たな柱の一つとして育成するとしています。

安定化DHA・EPAが目指すもの

1日当たりのDHA・EPA必要摂取量を一つの食品だけで補おうとするのではなく、1日の食事シーン(朝食・昼食・間食・夕食)の中で無理なく摂れることが理想でしょう。

このためには、1点当たり約100mgのDHA・EPAを配合したさまざまな食品を自由に組み合わせてDHA・EPAを摂ることができる食環境づくりが必要です。

不二製油グループ本社は、「B to B for C」の視点で、顧客企業の商品開発をサポートしていくとしています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

不二製油グループ本社株式会社記者発表会
http://www.fujioilholdings.com/topix/160614.html

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。