「なむしぇ」にマルシェを出店!

2016年04月26日
1463487185

「100%オーガニック」のこだわり

京都の百万遍・知恩寺では毎月第4日曜日に「なむしぇ」という青空市が開かれています。100%有機野菜の会員制宅配事業を展開する株式会社ビオ・マーケットは4月24日の「なむしぇ」にマルシェを初出店しました。

同社は「ビオ・マルシェの宅配」を展開しています。この事業では「100%オーガニック」にこだわっており、農薬や化学肥料を一切使わずにのびのび育った野菜を消費者に届けています。ここで扱う加工品も伝統的な製法で素材を活かしたものばかりです。

同社が野菜の生産を委託している生産者は皆、強い意志を持っています。有機農業を選び、それを続けていくことは生半可な気持ちではできないことです。また、畑の状態を定期的に同社のスタッフがチェックしています。

ビオ・マルシェ コンシェルジュに聞いてみよう

今回、初出店する「なむしぇ」では旬真っ只中の有機スナップエンドウや有機新玉ねぎなどを展示販売します。また、オーガニックの専門家とも言える「ビオ・マルシェ コンシェルジュ」が有機野菜をより美味しく食べる方法や安全な食品を見分ける方法も伝授。

同社が扱う商品はどれも「作り手の顔が見える」ものや、「食べた先に畑が見える」ものばかり。ビオ・マルシェ コンシェルジュは展示販売されている商品のストーリーも伝えることができます。

当日はイベント限定特典を付けた「ビオ・マルシェの宅配」新規会員の募集も実施。有機野菜に興味はあるけれどハードルを感じていた人は「なむしぇ」をのぞいてみるのもおすすめです。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ビオ・マーケット プレスリリース
http://biomarche.jp/common/pdf/20160424namushe.pdf

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。