2週間で5キロ減!バターコーヒーダイエット 薬剤師がゆるく実践!第3回

2016年03月25日

はぐれ薬学院生(♀)の “しみる” ひととき 第15回

 

 

【2週間で体脂肪率3%減! 体が動き出し、周囲には「やせた」と言われるように】巷で話題のバターコーヒーダイエット集中連載第3弾。朝ごはんをバター入りのコーヒーにして、一体何が変わるのか? IQが高くなるって本当? いろいろと疑問がある中、実際に2週間試してみた結果をご紹介します。

 

 

そもそも、バターコーヒーダイエットとは何だったか

 

 

バターコーヒーダイエットは、シリコンバレーのIT企業社長が考案した、「仕事のパフォーマンスを上げ、生活の質を落とさない」ダイエット方法です。朝食をMCTオイル(中鎖脂肪酸)とバターをブレンドしたコーヒーに替えることで、脳の活動を上げつつ、脂肪を燃焼しやすい体へと変えていきます。詳しいメカニズムはシリーズ第1回の記事に記載していますが、その本質は「糖質制限のデメリットを最小限に抑えながら行う」というものでした。

筆者は、中学生の頃から何回かダイエットを試してはリバウンドして、下は40kg半ばから上は60kg半ばまで、同じ身長で約20kgもの体重の増減を経験しました。

これまでの経験上、「げっ太った」と感じるときは、だいたい1週間前に炭水化物を大量に食べていました。体が重くなるだけでなく、肌があれ、頭もボーッとする・・・私にとっては、糖質の摂り過ぎが不健康の原因なのは明らかでした。

そこで、無理せず糖質を抑え、なおかつパフォーマンスも上がる『バターコーヒーダイエット』はうってつけの方法だったわけです。

<% more do %>

 

 

どんな人がダイエットしたの? バターコーヒーダイエット中の食事内容も公開!

 

 

ダイエット前はこんな感じでした。

<性別>女性
<身長>160cm前後
<体重>BMI換算で22~23台(ぽっちゃり気味)
<体脂肪率>29%台

【運動経験】小学生以来ほぼなし
【日常の運動】立ち仕事以外ほぼなし。WiiFitが続かないレベル
【食事】昼はコンビニ・外食・夕飯の残りもの、夜は自炊・外食。おやつはあまり食べないが、たまに炭水化物をドカ食いする。

バターコーヒーダイエットは、朝ごはんをMCTオイル入りのバターコーヒーに替え、前日の夜ごはん~その日の昼ごはんの間を15時間~18時間空けるのがポイントです。今回はその2点を中心に方針を設定し、野菜を中心に2週間過ごしました。
<はぐれ薬学院生(♀)が実践したバターコーヒーダイエット・5カ条>
1. 朝食をバターコーヒーにする。
2. 食事はなるべく6時間以内に摂る。 3. 炭水化物は夜に食べ、朝と夜にはMCTオイル(中鎖脂肪酸)を摂る。
4. 野菜はモリモリ食べ、果物は欲しくなければ無理に摂らない。
5. カフェインを摂るのは14時まで。


開始1週間の実際の食事がこちらです。

 

この週は外食が多かったので、昼ごはんにも炭水化物を摂っている日があります。また、夜にMCTオイルを摂るのは食事内容としても、経済的にもなかなか実行できなかったため、5ヶ条の3番目は果たされなかったことになります。(それでも効果を実感しました)

昼食を食べなかった日は、無理して抜いているわけではなく、お腹が空いていませんでした(バターコーヒーのおかげ?)
。また、夜ごはんは全体的にボリュームが少なく感じますが、サラダは通常の倍量(2人~3人分)を食べているのと、食事の時間が21〜23時と遅いので、結構お腹がふくれます。

★バターコーヒーのおいしい作り方はシリーズ第2回をご覧ください。
★お気に入りのメニューは「春菊のサラダ」。生の春菊の美味しさを実感した一品です。パクチーを少し加えると、エスニックの香りが出て満足感アップ! 材料を刻んで混ぜるだけなので、とっても簡単です。しらすの代わりに豚しゃぶポン酢を入れると、主役級のメニューになります。(クックパッドのこちらのレシピを参考にしました)
★女性の場合は、無理せず朝ごはんにたんぱく質を摂ることが推奨されています。私は、2週間目以降は、朝食に時々ゆでたまごを食べています。

 

ダイエット宣言をしていないのに、やせたと言われる! 開始1週間からバターコーヒーダイエットの効果を実感

 

2週間バターコーヒーダイエットをゆる〜く試しましたが、実は1週間目からその効果を実感できました。

開始から1週間たった朝、バターコーヒーを飲んで30分くらいすると、体に変化が! なんだか背中がポカポカしてくる…。そう、体が燃焼モードに入るのを感じるようになったのです。

実際、この時期には体脂肪率が1%減り、体重も1〜2kg落ちていました。そして開始から2週間経った結果はというと…

【体脂肪率】3%減
【筋肉量】変化なし(微増傾向)
【骨量】変化なし
【体重】5kg減


ほとんど我慢せず、運動量も増やさなかった割にこれだけの変化があったのは、驚きです。その後、食べる量を少し増やしたり変えたりしていますが、1か月経ってもこの数字はキープできています。

そして何よりビックリしたのが「やせたね」の声!

ダイエットしてるなんて一言も言わなかったのに、年末に会ったきりの人(正月太りした私を知らない)にまで言われるとは、いやはやバターコーヒーダイエット恐るべし、です。

 

体の変化だけでなく、次のような変化もありました。
食事で悩まなくなった
ダイエット前と比べると、一見食事の制限が増えたように思えますが、逆にお腹がしっかりすいた時、自分の食べたいものを食べるというシンプルな考えになれたので、ダイエットのことを考えてストレスを感じる回数はむしろ減った気がします。

野菜を無性に食べたいと思うようになった
これは、前述の春菊サラダにハマった影響もあるのですが、野菜がとても美味しく感じられるようになりました。スーパーで買ったフレッシュな野菜を、家でたくさん食べることの幸せといったら! これが一番大きな変化だったかもしれません。

おやつはチップスターを食べたくなる
これはあまり関係ないかもしれませんが…最近、たまに食べるおやつは何故かきまってチップスターなのです。これまでポテトチップスはほとんど食べなかったのに…。不思議で仕方ないのですが、どうもチップスターは素材の芋の味が濃厚に出ているので、そこに惹かれたのではないか?…との結論に至りました。もちろん好きな味はうすしおです。未だに謎の現象ですが、このような変化もあったのです。食べすぎ注意です。

ところで気になるパフォーマンスの方はというと…
IQは計っていないのでわかりませんが(笑)、ダイエットでボーッとしたりすることはなく、快適に仕事ができていました。パフォーマンスはいい感じだったようです。

いかがでしょうか。ダイエットをしながらポジティブな気持ちになったのはこれがはじめてかもしれません。バターコーヒーダイエット、私には合っていました!

 

 

<出典・参考文献>
『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー・著/栗原百代・訳(ダイヤモンド社)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。