バターコーヒーのおいしい作り方!バターコーヒーダイエット 薬剤師がゆるく実践!第2回

2016年03月24日

はぐれ薬学院生(♀)の “しみる” ひととき 第14回

 

 

【おいしく食欲をおさえて集中力アップ!】従来のダイエット法をことごとく覆し、衝撃をもって紹介されている『シリコンバレー式』完全無欠ダイエット集中連載第2弾。なかなか手が出しづらいように思えますが、朝食をおいしいバターコーヒーにするだけで、驚くほど食欲がおさまるんです! 今回は実際に作ってみました。

 

 

ポイントは生活の質を落とさないこと。バターコーヒーダイエットをゆるく実践してみる

 

 

正月、実家でお雑煮を食べ、大量のおすそ分けのお餅を持ち帰り、ひたすら消費する日々…。
私の1月は炭水化物にまみれていました。当然、その結果がお腹やら脚やら二の腕やらのプヨプヨに如実に現れています。
最近、眠いし、だるいし、お腹空くし…身体の不調で集中力が切れることもしばしば。
これはさすがにマズい。元気に生きなくては。そして痩せなくては・・・。

とはいえ、夕方に研究室を出た後、夜遅くまでバイトして、翌朝には研究室でゼミ…となると、食事や睡眠をキッチリコントロールできないのも事実。そもそも根がぐーたらな私には、ストイックな生活は絶対無理!
しかし、このダイエットのポイントは「仕事のパフォーマンスを上げ、生活の質を落とさない」こと。自分の身体の声を聞きながら、あくまで生活第一に調節していけば良いのです。なんて都合が良いのでしょう、本当にやせるのかしら。
そこで、半信半疑ではありますが、ゆるくバターコーヒーダイエットを実践してみます。

<はぐれ薬学院生(♀)が実践するバターコーヒーダイエット・5カ条>
1. 朝食をバターコーヒーにする。
2. 食事はなるべく6時間以内に摂る。
3. 炭水化物は夜に食べ、朝と夜にはMCTオイル(中鎖脂肪酸)を摂る。
4. 野菜はモリモリ食べ、果物は欲しくなければ無理に摂らない。
5. カフェインを摂るのは14時まで。


本では野菜や油脂、タンパク源など分類別におススメの食材・これはダメだという食材をわかりやすくランク付けしているのですが、今回これは参考程度とします。
たとえば、醤油や豆腐などの大豆製品。本では女性ホルモン様作用があるのでオススメしないとされていますが、どのくらいの量摂るかという程度の問題が大きいので、一概に鵜呑みにはできません。あと、日本食に慣れ親しんだ人にはそう簡単に食卓から切り離すことはできませんからね・・・。
(納豆なんて、安くて腹持ちよくて食べるのも簡単で、しかも料理のアレンジも効くから、勤労学生には手放せないのです…。)

<% more do %>

 

 

バターコーヒーに必要な材料~味の決め手はバター~

 

 

まずは必要な材料を揃えます。

 

<用意するもの>
● コーヒー豆(なるべく新鮮で、豆の状態が良いもの)
● ドリッパー、ミルなどコーヒーを抽出するもの
● 無塩の発酵バター(グラスフェッド(牧草飼育)の方が良い)
● MCTオイル
● ブレンダ―


今回、バターはネットショップで購入しました。最近のバター不足もあり、200gで1400円とお値段高め。
以前、スーパーで売っている有塩の普通のバターで試してみたところ、味が全然違ったので、ケチらずおいしい発酵バターを入手するのが良さそうです。有塩だと普通に塩分摂りすぎになると思うので、発酵バターでも無塩のものを選んだ方が良いです。
本では栄養分が多いことなどから、グラスフェッド(トウモロコシのような穀物飼育ではなく、牧草で飼育された牛)のバターがオススメされていますが、あまりこだわり過ぎなくても良いと思います。
今回は、100%グラスフェッドではないものの、生産者が見え、なるべく牛にストレスがかからないように気を付けて飼育されているものを選びました。香りがとっても良いです。

それから、バターコーヒーダイエットの要であるMCTオイル。

 

近所のスーパーに小さじ約18杯分1000円弱で売っていたものを買いました(高いですね…)。
味・匂いはほぼ無味無臭なので、色々な食事にかけられます。
ココナッツオイルをお持ちの方は、それでも大丈夫ですが、中鎖脂肪酸が含まれる割合は60%ほどですので、ダイエット効果は多少落ちるようです。

コーヒーはお好みでどうぞ。余計な物が入っていなければ、インスタントでもまあ良いかも?
私は豆をミルでゴリゴリ挽く時間が好きなので、豆を買いました。

ブレンダ―は、なくても良さそうに見えますが、これで攪拌するのとしないのとでは全然仕上がりが違います!
ネットで2000円程度で買えますし、他のドリンクやお料理にも使えるので、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

攪拌がキモ!おいしいバターコーヒーの作り方

 

それでは実際にバターコーヒーを作ってみましょう。

1. まずはコーヒーを抽出します。(ドリッパーやカップ、ブレンダーをお湯であらかじめ温めておくとおいしさアップ)

 

できたコーヒーはブレンダーへ。

2. バターを大さじ1杯(約12g)とってブレンダーに入れます。

 

…これ、何グラムですかね?わかりません。四角いバターならバターカッターで小分けにして簡単に必要量をとれますが、丸いバターを買ってしまったので目分量です。
でも、これで良いのです。美味しくて腹持ちが良ければ、細かいことは良いのです…

3. MCTオイルを小さじ1杯〜大さじ1杯とり、ブレンダーに入れます。

 

【注意!】はじめての方は必ず小さじ1からはじめましょう。いきなりMCTオイルを大量に摂るとほぼ必ずお腹を下します。

4. 混ぜます。

 

【注意!】攪拌時間は必ずブレンダーの説明書に記載されている時間を守りましょう。

5. 泡立っていい感じに混ざったらカップへ移して完成です。

 

いかがですかこのクリーミーな感じ。まだ肌寒い春の朝にはとびきり美味しそうな一杯ですね。
お味も見た目通りにクリーミー。発酵バターの香りがとても良いです!
ダイエットじゃなくても普通に飲みたい、なんだかほっこりする味でした。

ブレンダーで混ぜるのがちょっと手間ですが、ここでちゃんと混ぜると、味がなめらかになるだけでなく、油がミセル状になり、オイルが身体に吸収されやすくなるんです!

今、はじめて3日目くらいですが、あれだけモチまみれの生活をしていた割には夕方になっても全然お腹が減りません!
炭水化物をとらないので、血糖値が急変動することもなく、日中ボーっとすることも少なくなりました。
すごい、すごいぞ、バターコーヒー・・・。

カフェインを14時以降摂らない都合上、バターコーヒーは朝しか飲めません。これ、すごくおいしいので、毎朝がとても楽しみになりました。思いがけないうれしい効果です。

皆さんもぜひお試しあれ!!

 

 

プロフィール

<出典・参考文献>
『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー・著/栗原百代・訳(ダイヤモンド社)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。