「機能性おやつ」のレシピ

2016年01月04日

1463486200


健康に配慮して、心身の能力を高めたり、美容にも効果のある、ヘルシーで手軽な食べ物「機能性おやつ」。今回は、健康にいい有効成分が入った「機能性おやつ」のレシピをご紹介します。どれも簡単に作れるものばかりです。ぜひ自宅で作ってみてください!

ビタミンが肌荒れやストレスにきく!「いちごのグラニータ」


【材料】(4人分)
シロップ…水 1/2カップ、はちみつ 大さじ5(60g)
いちご 1パック(300g)、レモン汁 大さじ1、キウイ 1/2個
【作り方】
1.シロップを作る。小鍋に水とはちみつを入れ、弱火にかける。煮立ったら5分煮て、火を止めて粗熱をとる。
2.冷凍用保存袋にいちごとレモン汁を入れ、手でもんで細かくする。1.のシロップも加えてよく混ぜ、冷凍庫に入れる。キウイは角切りにして、別の冷凍用保存袋に入れて冷凍する。
3.冷凍庫に2時間ほどおいて7割程度固まったら、袋を取り出して一度手でもみほぐし、再び冷凍庫に入れて3時間以上冷やし固める。
4.器にグラニータと冷凍のキウイを盛り合わせる。
※有効成分:ビタミンC、ビタミンE、葉酸、食物繊維、グルコース、フルクトースなど(疲労回復、スポーツ機能を高める、妊婦と胎児を健康にする、血液をきれいにする)

食物繊維たっぷり!「ミニ・ポトフ風 具だくさんスープ」


1463486200


【材料】(4人分)
チキンスープ…チキンスープの素
大さじ1を湯4カップで溶かしておく
玉ねぎ 1個、キャベツの葉 2枚、じゃがいも 2個、にんじん 1/2本、大豆の水煮 1/2カップ、ウインナーソーセージ
4本、オリーブオイル 大さじ1、ローリエ 1枚、塩・こしょう
【作り方】
1.玉ねぎは粗みじん切り、キャベツはざく切りにする。じゃがいもとにんじんは皮をむき、ひと口大の角切りにする。ウインナーはさっと湯通しして4等分に切る。
2.鍋にオリーブオイルを熱して玉ねぎを炒め、しんなりしたらキャベツ、じゃがいも、にんじんを加えて炒める。
3.キャベツがしんなりしたらチキンスープを加え、大豆、ウインナー、ローリエを加え、煮立ったら蓋をして弱火で30分煮る。
4.野菜がやわらかくなったらローリエを取り出し、塩とこしょうで味を調える。
※有効成分:食物繊維、たんぱく質、大豆イソフラボン、ビタミンC、ビタミンB1、硫化アリル、カリウムなど(血液さらさら、生活習慣病の予防、更年期障害の緩和)

成長期の子どもにおすすめ!カルシウムたっぷり「チーズ桜エビせんべい」


1463486200


【材料】(10枚分)
ごはん 茶碗山盛り1杯分(100g)、パルメザンチーズ(おろす) 20g、桜エビ 大さじ3、塩 少々、オリーブオイル 大さじ1、しょうゆ 適宜
【作り方】
1.ごはんは、冷めていたら温め、ボウルに入れる。チーズと桜エビ、塩を加えて混ぜ、10等分して薄く平たい丸型に整える。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、1.を入れ、両面をカリカリに焼く。好みで焼きあがりにしょうゆを塗ってもよい。
※有効成分:カルシウム、アスタキサンチン、乳酸菌(骨や歯を強くする、抗酸化作用、お腹の調子を整える)

アンチエイジング、疲労回復にも効く「オレンジスムージー」


1463486200


【材料】(1人分)
にんじん 1/2本、グレープフルーツ(ルビー)1/2個、レモン汁 大さじ2、ヨーグルト 1/2カップ、水 80ml、はちみつ 大さじ1
【作り方】
1.にんじんは皮をむいて乱切りにする。グレープフルーツは皮と薄皮をむいて種をとり、4等分にする。
2.材料をすべてミキサーにかけてなめらかになったらグラスに注ぐ。
※有効成分:ビタミンC、クエン酸、カロテン、カルシウム、β-カロテン、乳酸菌(抗酸化作用、疲労回復、粘膜を強くする、お腹の調子を整える)

血液をサラサラに、脳の働きをよくする「小魚ピーナッツ」


1463486200


【材料】(2人分)
ゴマメ 20g、ピーナッツ 大さじ2、黒いりごま 小さじ1
(A)砂糖 大さじ1と1/2、しょうゆ 小さじ1、水 大さじ1
【作り方】
1.大きめの耐熱皿にゴマメを平らに並べ、電子レンジに2分かける。一度取り出し、全体を混ぜて広げ、まだ水分が残っているようなら、さらに1分加熱する。
2.ピーナッツも耐熱皿に並べて電子レンジで3分加熱する。またはオーブントースターで2分焼く。
3.鍋に(A)を入れ、弱火にかけて5分ぐらい煮詰める。
4.3.に、ゴマメとピーナツを入れて混ぜ、全体にからめる。仕上げにたっぷりごまをふって混ぜる。
※有効成分:DHA、EPA、ビタミンE、レシチン、ビタミンB1(脳の働きをよくする、動脈硬化・高血圧の予防、抗酸化作用、肝機能の改善)

プロフィール

1463486200

石川 みゆき
栄養士。イタリア料理家。チョコレートソムリエ・食ナビ実行委員会理事。「日本を健康にする!」研究会幹事。フィレンツェで料理学校コルドンブルー・ディプロマ習得及び「トラットリア・ジビッホ」料理研修、オリーブオイル鑑定研修を修了。イタリアでの滞在経験・人脈を生かし、特にトスカーナ州の食・文化・旅のアドバイスを行うほか、料理関連の執筆、雑誌・TV等での料理制作、飲食店や企業へのレシピ提供&コンサルティングなど多方面で活躍中。体によい食事のアドバイス、セミナーや講習会なども広く展開している。
http://www.acquamiyu.com/index.html

プロフィール

1463486200

矢澤 一良(やざわ・かずなが)
農学博士。「日本を健康にする!」研究会会長。早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構、規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門研究院教授。1972年、京都大学工学部工業化学科卒。株式会社ヤクルト本社・中央研究所勤務ののち、東京海洋大学大学院ヘルスフード科学講座客員教授を経て、現職。日本機能性食品医用学会理事。地方および海外との産学連携プロジェクトにも熱心で、農林水産省・食品産業科学技術研究推進事業専門官でもある。

参考文献:『日本を元気にする!「機能性おやつ」の効能&レシピ』矢澤一良 著(インプレス・クイックブックス)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。