日伊国交150年記念。まめプラスのソイタリアンフェア開催

2016年10月17日
 

 

ソイタリアンフェアを実施


おいしく、たのしく、ヘルシーに大豆を中心とした、まめに関する情報を発信する「まめプラス推進委員会」は、日本発のイタリアン「ソイタリアン」フェアを10月12日から11月30日まで全国で開催すると発表しました。

 

日伊国交150年を記念して


10月は豆腐の日や豆乳の日などまめに関する記念日が多い「まめプラス月間」です。

まめプラス推進委員会は、日本とイタリアの国交樹立150周年を記念して、大豆を使った日本発のイタリアン「ソイタリアン(Soy-Italian)」フェアを全国30店舗以上のイタリア料理店と連携して開催。新豆乳素材と地域食材を使った繊細な味わいのソイタリアンを提供します。

 

全国のイタリア料理店で実施。キャンペーンも

 

 

ソイタリアンを提唱するのは、ソイタリアンシェフの会の幹事、鈴木 弥平氏や、ステファノ・ダル・モーロ氏など4人のシェフ。幹事シェフのレストランでは、「豆乳チーズの菜園風ラザニア」や「ビーツと大豆舞珠ぶろっくのカネロニ風 ゴルゴンゾーラのソースと共に」など、なめらかな豆乳を使用したソイタリアンの味が堪能できます。

また、全国の各レストランでは、今回のシェフの動きに連動した新作メニューを提供し、参加するレストランも次々と増えています。参加店やメニューの詳細は、WEBサイト「まめプラス」にて随時公開中です。

現在、LINEでお友だち登録をすると、抽選で75組150名にソイタリアン提供レストランの特別メニュー1万円相当を体験できるキャンペーンを実施しています。

 

新豆乳素材で濃厚なチーズの味とさっぱりさを両立

 


今回のソイタリアンフェアのポイントとなる新豆乳素材「チーズのような豆乳クリーム」。素材である大豆のおいしさをそのまま生かして、分離・分画する新技術USS製法を使用しています。

通常のチーズと同じ発酵工程を経て製造されているため、乳製品のチーズのような濃厚さを保ちつつも後味はさっぱり、これまでのイミテーションチーズとは全く異なる味わいだといます。他の素材の繊細な味を損なわないとして、多くのシェフから評価されています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

まめプラス推進委員会のプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/113536

「まめプラス」ソイタリアンフェア
http://www.mameplus.jp/community/soyitalian-fair/2016/

まめプラスLINE@ QRコード
https://www.atpress.ne.jp/releases/113536/img_113536_8.jpg

まめプラス推進委員会
http://www.mameplus.jp

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。