旬の食材を取り入れて体質改善!秋の養生法

2016年10月04日

はぐれ薬学院生(♀)の “しみる” ひととき 第35回

 

少しずつ秋の訪れを感じるこの頃。今年は台風が多く、例年よりも体が湿気の影響を受けていそうです。秋の入り口は「湿気疲れ・肺の乾燥」がキーワード。季節の変わり目には、東洋医学の養生法「食養」で、毎日の食事から少しずつ体を労ってあげましょう。

 

夏の“湿気疲れ”、残っていませんか?

 

東洋医学では、美容や体調改善など、目的にあった食材をとることを「食養」といいます(さらに病気の改善を目的に生薬が加わると、薬膳になります)。

話題のスーパーフードと異なるのは、「今の体の状態」を重視していること。四季の移ろいに応じて臓器の状態や病気の原因は変わるもの。病気ほどではないけれどなんとなく調子が優れない、そんな時は東洋医学の考えを取り入れてみては。

 

日本は湿気が多く、特に“脾”(消化器)が影響を受けやすい気候といえます。

夏の終わりから秋にかけては特に湿の影響が臓器に出やすい時期。妙に台風が多い今年は、胃腸の調子が気になる方も多いのではないでしょうか。

夏に冷たいものをたくさん摂った方、食べ過ぎてしまった……という方、“脾”にお疲れがたまっているかもしれません。

 

本格的な秋に備えて、まずは夏に溜めてしまった疲れを食事で取り去りましょう!

 

 

 

夏場に冷たい物を摂り過ぎた人は、まずは“脾”と“冷え”をケア

 

東洋医学でいう“脾”(消化器を司る臓器)は、湿気の影響を最も受けやすい臓器と言われています。

夏場、冷たいものを摂り過ぎると、脾に水分が溜まってしまい、湿の影響がより大きく出てしまいます。そのツケが不調となって表れるのが、ちょうど秋に差し掛かった頃。

 

脾の調子が悪くなると、次のような症状が表れます。

 

食欲不振、消化不良、軟便・下痢、唇が荒れる、口内炎、吹き出物

胃下垂、子宮下垂、気力がわかない、疲労倦怠感

 

このような場合は、脾を補う食材(ヤマイモ、大豆、栗、穀類、鶏肉など)と、湿を体から取り除く食材(香味野菜、冬瓜、ジャスミン茶、はと麦茶)を意識して摂るのが良さそうです。

コンビニでも食養を意識した食事ができます。最近、冬瓜を取り入れたメニューが出ていますし、お茶は爽健美茶や十六茶なら手軽に取り入れることができます(ノンカフェインなのも嬉しい)。

 

特に次の症状が気になる方は、湿気よりも“脾“の冷えの影響が強いと考えられます。

 

食欲不振、お腹が張る、腹痛、下痢、手足の冷え

 

この場合は、まずは体を温める食材(にんにく,生姜,ねぎなど)を摂ることを優先すると良いようです。

 

 

秋冬から気になる“肺”の乾燥には白い食材!

 

夏は湿気の影響が大きい季節ですが、秋冬になると今度は乾燥が不調の原因になってきます。“脾“は湿気を嫌い、乾燥を好む臓器ですので、秋が深まるにつれて調子が上がってくるかもしれません(食欲の秋は、脾が乾燥して元気になるせいかも?)。

 

代わりに、乾燥の影響を受けて調子を崩しやすいのが、“肺”。

東洋医学では、単に呼吸を司るだけでなく、外界からの病邪に対抗する防御機能、免疫機能としての役割もあると考えます。

そのため、“肺”の不調にはのどや鼻だけでなく、皮膚やアレルギーなどの不調も含まれます。

 

かぜ,鼻水鼻づまり,せき,たん,ぜんそく,皮膚の乾燥,アレルギー

 

このような場合には、肺をうるおす食材を積極的に摂りましょう。

白い食材は肺をうるおすと言われており、次のような食材が良いようです。

・松の実、くるみ、栗、落花生、銀杏などの木の実や種

・白きくらげ、白ごま、杏仁、百合根、はちみつ、豆腐

 

また、秋を感じる果物も肺をうるおすのに一役買うようです。

・かりん、ざくろ、なし、柿、ぶどう、りんご

※冷え性、胃腸や腎臓の弱い方は、柿は避ける(タンニンが刺激となり、体を冷やすため)。

 

 

ここで、手軽に食養できる、おすすめドリンクレシピを紹介。

 

<肺をうるおすお手軽ドリンク>

豆乳                    200ml

ぶどうジュース           100ml

りんごジュース           100ml

 

ちょっとフルーツヨーグルトっぽい味になって、なかなか飲みやすいです!

タンパク質もとれて、特に女性には嬉しいですね。

 

湿気にやられて胃腸がお疲れ気味の方はまずは脾を元気にすることから。これからの季節を元気に乗り切る準備には肺をうるおす白い食材と果物を。

食養は、実践すると自然と旬の食べ物を摂ることにもつながります!五感で季節の移ろいを楽しみながら、体をいたわってあげてくださいね。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。