日本サブウェイ、色鮮やかな”野菜を食べるスープ”を販売

2016年10月04日

 

サンドイッチとの相性抜群


日本サブウェイ株式会社が展開するサンドイッチ・チェーン『サブウェイ』は、2016年10月5日(水)より、3種類の「からだにうれしい、野菜を食べるスープ」を今年もまた販売することを発表しました。
サンドイッチとの相性が抜群で、ごろごろ具材が楽しめる温かいスープです。

 

『ほうれん草と7種野菜のグリーンスープ』


一つ一つ手で摘んだほうれん草とクレソンの柔らかな葉先からできた緑鮮やかなグリーンスープにミルクが加えられることで、まろやかな味わいになっています。

そこに、さつまいも、じゃがいも、ズッキーニ、ブロッコリー、たまねぎ、セロリが加わって、色々な食感を楽しめます。

 

 

『高原トマトと6種野菜のミネストローネ』


高原トマト、たまねぎ、にんじん、ズッキーニ、セロリ、赤パプリカ、黄パプリカの7種全て冷凍野菜や缶詰ではなく、生の原料が使われています。

主役のトマトも高原育ちの生トマトです。粗めにすり潰されているので、ざらっとした野菜の食感が残っています。甘みを抑えることで、トマトのフレッシュ感が引き立つ味わいに仕上がっています。
 

 

『コーンクリームチャウダー』


主役のコーンは、甘みを引き出すために、ゆで汁ごと丁寧にすり潰されたあとでブイヨンを合わせます。

ごろごろ具材のたまねぎ、にんじんにベーコンを炒め合わせ、最後にコーンとじゃがいもを優しく煮込むことで、野菜の旨みが引き出された、クリーミーでまろやかなスープです。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本サブウェイ株式会社のニュースリリース
http://www.subway.co.jp/press/year2016

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。