コンビニ食材でヘルシー夜食「オメガ3もたっぷり!簡単激ウマ・サバ缶カレー」40秒動画

2016年09月30日

管理栄養士のカラダにやさしいレシピ動画 第1回

夜ご飯にコンビニエンスストアでお弁当ばかり買っているあなたに朗報です!実はちょっとした組み合わせで簡単にヘルシーな自炊メニューを作ることができるのです!時短でヘルシー、おいしいのに簡単な、一人暮らしの強い味方となるレシピを動画でご紹介します。

 

 

非常時に食べるものというイメージのある缶詰を使うと、簡単で栄養をしっかりとれるレシピに早変わり!今回はサバの缶詰を使って、ふだんなかなか摂取しにくい良質な脂をとれるメニューを選んでみました!

 

このレシピの栄養情報

 

カロリー:596kcal

たんぱく質:21.8g

脂質:23.3g

炭水化物:73.7g

(うち糖質:71.8g)

 

材料(1人分)

 

(1)さば味噌缶 1/2缶

(2)たまねぎ 1/2個

(3)カレールー 1かけ

(4)オリーブオイル 適量

(5)おろししょうが 少々

(6)ごはん 150g

 

作り方

 

(1)たまねぎをスライスする。

(2)フライパンにオリーブ油を熱し、たまねぎがしんなりするまで炒める。

(3)サバ味噌缶を汁ごといれる。

(4)カレー粉を入れて炒め煮にする。※

(5)ごはんの上によそって完成

※(4)の時に、トマトソースを使うと、カレー粉を減らしてもしっかりと味がついて、さらにヘルシーさがアップしたレシピになります!

※仕上げにきざみねぎを適量加えるのもオススメです!

 

栄養士からの一言

 

サバに多く含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、脂肪分解酵素を作る働きを増加させるので脂肪がより分解されるようになります。中性脂肪やコレステロールを改善する効果もあります。なかなかサバを生のままではとりづらいですが、缶詰を使うと食べやすく、さらに味がついているので簡単に料理できます。カレーの香辛料がプラスされることで、発汗作用で代謝もアップし、さらにダイエット向きな組み合わせになります。

 

<プロフィール>

細川真幸絵 [管理栄養士]

 

株式会社Mealthyが運営するダイエットアプリ『Mealthy』にて外食メニューの栄養計算の監督、管理栄養士による食事サポートなどを行う。

2003年に武庫川女子大学食物栄養学科管理栄養士専攻卒業後、病院にて委託栄養士として勤務、出産後、産婦人科での栄養士として栄養指導を3年勤務し、2016年5月、株式会社Mealthyに参画。特定保健指導、外食アドバイザー、保健センターでの行政栄養士業務、オンラインでのダイエット指導など幅広い範囲で栄養指導行う。

 

《ダイエットアプリ》 Mealthy

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。