しょうがで体温・代謝・免疫力をアップしよう

2016年10月07日

 

しょうがで体温を1度上げる!

 

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

しょうがで体温を1度あげる―やせる。元気になる。しょうが生活のすすめ

 


2016年9月12日、株式会社主婦の友社から「しょうがで体温を1度あげる」が発売されています。万病のもとの「冷え」を改善する身近に手に入るしょうがのレシピから、体温アップのための運動や入浴法などを紹介しています。

 

過剰な水分「水毒」がからだの不快症状のもと?

 


頭痛や肩こり・風邪をひきやすい・むくみ・冷え性などからだの不調を解決するためには体温アップは重要です。体内の余計な水分が排出されず血流を悪くし免疫力が低下して代謝を下げる「水毒症」の改善には、からだを温めてくれる成分、ショウガオールを摂って体温を上げることができます。

しょうがを加熱するとジンゲロールという成分がショウガオールに変化し、胃腸を刺激することでからだの中から熱を生産してくれます。生しょうがや酢しょうがと比べて蒸したしょうがの効果は10倍にもなるのです。

 

体温が1度上がると免疫力が30%も上がる!


日本人の平均体温は年々下がっていて低体温で悩んでいる人も増えており、それに伴い病気にかかるリスクは高くなっています。体温が1度上がると免疫力は30%上昇し、代謝も12%上昇すると言われています。代謝が上がることでダイエット効果も期待できそうです。

 

 

著者は平熱36.9度


人間のベストな体温は36.5度~37度と言われており、著者の石原新菜医師の平熱は36.9度あるそうです。わかりやすい医学説明とフレンドリーな人柄で幅広く活躍している著者。ベストセラーの「病気にならない蒸し生姜健康法」や「『体を温める』と子どもは病気にならない」などでは、自身も実践しているレシピが掲載されています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社主婦の友社のプレスリリース
http://prtimes.jp

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。