『ヘルスエイド(R)』に「DHA&EPA」を追加-森下仁丹

2016年10月06日

 

 

 

ついに「DHA&EPA」が登場


森下仁丹株式会社(以下、森下仁丹)は、”カラダへの機能が表示された”サプリメントブランド『ヘルスエイド(R)』に、機能性表示食品として新たに消費者庁に受領された、「DHA&EPA」を追加したと発表しました。

 

飲みやすいシームレスカプセル


森下仁丹の「DHA&EPA」はDHA270mg、EPA45mgを機能性関与成分とし、1日の目安量を1袋で摂取できます。また、DHAとEPAは酸化に弱いので、1日分の量をスティック状包装にすることで、毎日フレッシュな状態で摂ることができます。

その上、独特の臭みがあるDHA・EPA含有魚油を、2.5mmの小さなシームレスカプセルに包んでいるので、顆粒のように口の中に臭みが広がることもなく、大きなカプセルのように喉につかえることもないので、すっと飲みやすいのが特徴です。

 

中性脂肪が高めの人におすすめ


DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と言い、いわし、さば、あじなどの青魚に多く含まれ、体内でほとんど作ることができない必須アミノ酸の一種です。DHAとEPAには、血中の中性脂肪を低減する機能があることが報告されており、中性脂肪が高めの人に適しています。

DHAもEPAも、日々の食事から摂ることができれば理想的ではありますが、なかなかそうもいかないのが忙しい現代の私たちの生活です。うまく機能性表示食品を利用して、健康維持につなげたいものですね。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

森下仁丹株式会社お知らせ/ニュース
http://www.jintan.co.jp/

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。