たかが減塩、されど減塩。減塩料理を作るのに疲れきった方に試してもらいたい!

2016年10月05日

 

オレぺ版「塩ひかえめでもきちんとおいしい料理」が作れます


健康じまんの読者の中には、家族全員の健康を考えて「減塩料理」を基本にメニューを決めるお母さんも多いことでしょう。しかし子どもも男性も家族みんなが喜ぶ減塩料理となるとこれが大変!

そこで、今回ご紹介するレシピ集は、オレンジページが総力を挙げてまとめた、家族全員が納得&満足の減塩料理の本です。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

塩ひかえめでも きちんとおいしい料理の本 (オレンジページムック)

 

 

減塩料理をとるか味をとるか

 


オレペ編集部によれば、日本人男性で2.9g、女性で2.2gも塩をとりすぎているという事実。カロリーや脂肪分が少ない和食でも、醤油やみそを多用する分、塩分量に関してはどうしても増えてしまいます。

そこで、オレペ編集部がおすすめするメニューは、塩もみの代わりに砂糖を使ったポテトサラダ。市販のカレールーに頼らずにトマトや牛乳を使うキーマカレー。片栗粉を使った豚のしょうが焼などなど。

 

ポイントは塩をキチンと計ること


付録には切り取って、貼って使える『減塩お助けシート』もついています。また、小さじ1/8も量れる計量スプーン(5本セット)と、少量の醤油をワンプッシュでだせる、醤油さしも通販サイトにて購入できます。

同レシピ集は、9月12日(月)発売、本体900円(税別)。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

・プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/111571


・オレンジページ
http://www.orangepage.net/books/1097

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。