夏バテ防止の決め手は「大麦」

2016年09月21日

 

季節の変わり目は「夏バテ」に要注意


今年も日本全国に連日の猛暑が続き「熱中症」対策をかかせませんが、この後、夏から秋にかけて季節の変わり目に出てくる症状が夏バテです。

夏バテは「なんとなく体調が悪い」「疲れが取れない」といった全身の倦怠感などの他、「下痢や便秘」といった症状が現れます。

夏バテは、大量の汗をかくことによる「脱水状態」と、エアコンで冷えた室内と外気温の差が大きいため体温調節機能に負担をかける「自律神経の疲労」、また冷たい食べ物や飲み物の取り過ぎによる「消化機能の低下」や「栄養不足」などによって起こります。

 

 

夏バテ防止には「腸内環境」が大事


夏バテ防止には栄養状態をよくして体調を整えることが大事ですが、夏の暑さや食生活は特に「腸」に負担をかけてしまいます。どんなに栄養のある食事を心がけても「腸内環境」が悪いと消化や吸収ができないのです。

 

 

「腸内環境」を整える注目の食材は「大麦」


最近、「腸内環境」を整える食材として食物繊維の豊富な「大麦」が注目されています。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、前者は糖質の吸収を緩やかにし血糖値の急激な上昇を抑え、コレステロールなどの余分な脂質を排出します。後者は便のカサ増しやぜん動運動を活発にし、便通を促進する働きがあります。
どちらも大切な食物繊維であり、「大麦」は2種類の食物繊維のバランスが適度に整っているため、積極的に食生活に取り入れたい食品です。

各メーカーから「大麦」を手軽に料理に使うことができるような商品が発売されています。
株式会社はくばくの「大麦効果」は白米に混ぜて炊き上げるタイプ、大塚製薬の「大麦生活大麦ご飯」と「大麦ご飯和風だし仕立て」はレンジで温めてすぐ食べられるレトルトパックタイプです。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

大塚製薬 大麦生活 大麦ごはん 150g×10箱

 

 

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ブルーカレント・ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/110885

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。