実は・・・チョコレートは血糖値を下げる!

2016年09月30日

 

チョコレートの新事実を公開


2016年9月2日に主婦の友社から発売された「健康」では、食前1片のチョコレートに血糖値上昇を抑える効果があることが掲載されています。ダイエットや血糖値を気にしている人には、見逃せない嬉しい情報です。

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

 

健康 2016年 10 月号 [雑誌]

 

 

ポイントはカカオ含有量70%以上


糖尿病の大敵とされてきたチョコレートですが、一般的なミルクチョコレートには砂糖や乳脂肪が入っているので甘い・太る・健康に害があるなど悪いイメージがあります。同じチョコレートでもここ数年、店頭でもよく見かけるダークチョコレートには乳脂肪を使用しておらず、砂糖の量もかなり少なくなっているのでカカオ含有量70%以上のものを選んで食べることをすすめています。

甘さはかなり控えめですが、甘さに敏感になりほろ苦さも楽しめてチョコレートを我慢していたストレスからは解放されそうです。

 

知らなかった!カカオがもたらす効果


高カロリー=チョコレートのイメージが定着していますがカロリーを上げているのは砂糖で、カカオバター自体の脂肪は溜まりづらく脂肪分解の働きもあるそうです。カカオ・ポリフェノールは抗酸化作用もありアレルギーによる現代病・病気予防・老化防止・美肌効果にも効果的です。また、集中力や記憶力を高める効果、虫歯菌を抑える効果もあるようです。

 

 

 

 

1日に何度もチョコレートが食べられる喜び


食べ方のポイントもあり朝・昼・晩の3回の食前に1片、約5グラムのチョコレートをゆっくり味わいながら食べるのがコツです。午前10時と午後5時くらいにおやつとして同じ分量を食べると効果的です。1日に数回、チョコレートが食べられるしあわせ感でこころも健康になりそうです。

この情報が掲載されている「健康」10月号では、「高血圧を下げるたった4つの動作」や「健康体操の自彊術」などの情報も掲載されています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社主婦の友インフォスのプレスリリース
http://prtimes.jp

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。