2016年下半期の注目フード「アマランサス」がスゴイ!

2016年08月30日


一般社団法人日本スーパーフード協会が考える“重要なスーパーフード”として、2016年下半期の「リアルスーパーフード ランキングTOP10」の2位にランクインしたアマランサス。今後もますます注目されることが予想されるアマランサスについて、その栄養価や調理法などを紹介します。

 

高栄養価、グルテンフリーの“驚異の穀物”


アマランサスはペルー原産のヒユ科の植物。ヒユ科の植物は私たちの身近に雑草として生えていることも多く、観賞用としてはケイトウ(鶏頭)やセンニチコウがあります。「アマランサス」という名称は、もともとヒユ科の植物の総称でしたが、近ごろは食用の種子を指すことが多いようです。
食品としてのアマランサスは、紀元前5000年頃からアンデス南部の山岳地帯で栽培され始め、インカ帝国時代にはトウモロコシやインゲン豆と並ぶ重要な作物でした。産地はペルー、インド、ボリビアなどのほか、国内では岩手県産や秋田県産のものが多く流通しています。
アマランサスは雑穀の中でも「スーパーグレイン(驚異の穀物)」と呼ばれるほど栄養価が高く、白米の2倍のタンパク質が含まれています。カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル、必須アミノ酸、ビタミン各種、食物繊維などもバランスよく含まれているため、ダイエット中や成長期に不足しがちな栄養素を補うことができます。またグルテンフリーなので、グルテン過敏症の人や血糖値の上昇が気になる人にもおすすめです。

 

 

アマランサスを使った簡単マクロビごはん


アマランサスは直径約1mmのとても小さな粒。水と一緒に加熱すると粘りが出て、ほかの素材とよく絡みます。小さな粒とあって魚卵に見立てるレシピも多く、マクロビオティックな食生活を心がける人にも人気の食材です。

 

 

【アマランサスごはん】
1.米1合に対して、アマランサス大さじ1~3程度入れ、普通のごはんと同様に炊きます。
2.炊き上がったら混ぜるだけ。


アマランサス自体に強い風味がないので、違和感なく食べられます。麦や玄米などと合わせて雑穀ごはんにすると、風味も栄養価もアップするのでおすすめです。

 

 

【マクロビ子持ちこんぶ】
1.アマランサス大さじ2を水で軽く洗う。
2.耐熱容器にアマランサスを入れ、アマランサス1に対して水3(この場合は大さじ6)を入れ、30分水につける。
3.ふたをして、電子レンジで2分加熱する。
4.そのまま冷めるまで置く。
5.冷めたら混ぜて、さらに電子レンジで2分加熱し、冷めるまで置く。
6.さらに塩こんぶ、和風だしの素、ごま油をお好みで適量加え1分加熱すれば、マクロビ子持ちこんぶの出来上がり。


このほか、フライパンで乾煎りすると、カリカリとしたゴマのような風味になり、ふりかけになります。自分なりのレシピで、アマランサスのプチプチ食感を楽しんでみてください。

(ライター/照井みき)

◆参考図書
『スーパーフード辞典 BEST50』監修:斎藤糧三 料理:松村和夏(主婦の友社)

◆アマランサスと精白米の栄養素比較データ参照
文部科学省「食品成分データベース」より:fooddb.mext.go.jp/

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

アメ横大津屋 アマランサス 1kg amaranthus アマランス amaranth あまらんさす あまらんす 雑穀 雑穀米

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。