はくばく、機能性表示食品「もち麦ごはん」を発売

2016年07月19日

 

 

「もち麦ごはん」、消費者庁に「機能性表示食品」として受理


穀物カンパニーであるは、「もち麦ごはん」が消費者庁に「機能性表示食品」として受理されたことを発表しました。公表日は7月8日であり、同社では、炊飯用商品「大麦効果」に続くものです。

はくばくでは、今まで以上に、麦ごはんを主食にした顧客の健康促進に寄与してゆくとしています。

 

 

▼関連商材 販売サイトはこちら

はくばく もち麦ごはん800g 2袋セット

 

「もち麦ごはん」の機能性関与成分、大麦β-グルカン


大麦β-グルカンは、世界的に「食後の血糖値の上昇抑制」「正常な腸機能の維持」「コレステロール値の低下」「排便促進」などが認められている水溶性食物繊維の一種です。

今回の機能性表示では、「コレステロールを下げる」「腸内環境を改善する」という2つの機能性について商品パッケージに表示するとしています。この表示にあたっては、大麦食品推進協議会による研究レビューを実施したとのことです。

 

機能性表示食品とは


機能性表示食品は、事業者が、事業者の責任において、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示することを消費者庁に届け出た食品です。2015年4月1日に始まった「機能性表示食品制度」によるものです。

販売前に、安全性及び機能性の根拠に関する情報などが、消費者庁長官へ届け出られていますが、消費者庁長官による個別の審査を受けていない点で、特定保健用食品とは異なる点には注意が必要でしょう。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社はくばくのニュースリリース
http://www.hakubaku.co.jp/uploads/pdf/news/

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。