熱中症ゼロを目指す!『7月の熱中症予防強化月間』

2016年07月01日
1467281200

熱中症を予防するために

毎年多く発生する熱中症患者。より広く熱中症予防について知ってもらうために、一般財団法人 日本気象協会は6月27日、『7月の熱中症予防強化月間』啓発イベントを運営すると発表。今年の啓発アンバサダーにはハローキティが就任しました。

熱中症ゼロを目指すイベント

本番とはまだ言えないこの時期にも、既に熱中症に苦しむ患者が発生していて、今年、既に5000人以上が救急搬送されています。熱中症は、場合によっては後遺症をもたらしたり、あるいは死亡したりすることもある恐ろしい病気ですが、実は正しく対策をすれば防ぐことができるものです。

そこで、一般財団法人 日本気象協会の「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、熱中症患者を少しでも減らすため、環境省の2016年の『7月の熱中症予防強化月間』啓発イベントをサポート。一人でも熱中症患者を減らすことを目的として、東京、仙台、神戸、福岡の4都市で、熱中症対策の重要性をアピールします。

会場では、日傘で熱中症対策を体験できるイベントや、熱中症予防に有効なスポーツドリンクなどのプレゼントがあります。また、一部会場には啓発アンバサダーのハローキティが応援に駆けつけ、一緒に写真を撮ったり、ハローキティとコラボした「オリジナルの暑中見舞いはがき」がもらえたりします。

熱中症予防の3つの対策

一般財団法人 日本気象協会では、シーズンを乗り切れる体作りを心がけること、空調や衣服などで暑さ対策をすること、そして、特に屋外での活動では、適度な水分と塩分、それにこまめに休憩をとって体を守ることなどを勧めています。この夏を元気に乗り切りたいですね。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

「熱中症ゼロへ」公式サイト
http://www.netsuzero.jp/news#post3470

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。