頭を冷やすと眠れる? 頭が熱い時の対処法

2016年08月22日

 

頭が熱いのは病気で熱がある時だけではない


頭が熱いと感じていると中々寝付けなかったり睡眠の質が落ちたりするようです。例えばパソコンなどに長時間負荷を掛けて使用しているととても熱くなるということと似ています。集中して脳をフル活用すれば血流が盛んになり熱を持つのは仕方の無いことです。

 

頭が熱を持つのは使いすぎだけではない


他にどんな理由があるかと言うとストレス、睡眠不足、エネルギーの元となる糖分の不足などが考えられます。これらの症状に陥ると脳はもっと活動し、危機を回避しようと頑張りすぎて熱を持つことになります。こうなる前に「頭を冷やして」対策を採りたいものです。

 

頭が熱いと寝苦しいので冷やしてみよう


単純な解決方法ですが一番効果的と言えます。人が眠気を感じる時は体温が自然と下がりますので頭に熱があればいつまでも眠気はやって来ないということになります。

 

頭の冷やし方としては、前頭部(ひたいの部分)そして首もおすすめです。脳の表面に血管が集中していますので比較的簡単に冷やすことができます。

ですが冷やしている時に「気持ちいい」と感じるかどうかが重要で、逆に体が冷えすぎると今度は冷えすぎで眠気がやって来なくなりますので注意が必要です。何事もほどほどがちょうど良いと言えます。

頭を冷やして熱を取ると、冷たさが血流に巡って体全体の体温がじんわりと下がり代謝を押さえることができるので眠気が自然とやってくるようになります。

 

 

頭を冷やすと良いことが


頭を冷やすと眠れるだけでなく、仕事や勉強で頑張りすぎて集中力が切れてしまった時に頭をリセットできまた集中力が高まることもあります。
 

おすすめの冷やすアイテム


熱が出た時に使う「冷えピタ」「熱さまシート」などの商品名で馴染みのある冷却シートは貼るだけでとても簡単にヒンヤリ気持ちいいです。水で湿らせたタオルを冷蔵庫に入れて冷やしタオルとして首筋を冷やすのもおすすめです。

昔ながらの氷枕もありますが、今は氷を入れるタイプではなく「アイスノン」というアイテムがあり冷却ジェルが容器に入っているものがありますので柔らかくて使用感も良いしとても便利です。枕型と額にあてるタイプとあります。

 

 

あなたの眠れない原因は?


日常の悩み事が布団に入ったとたん堰を切ったように頭の中にあふれ出し、眠気もどこかへ飛んでいったというような経験は誰にでもあることと思います。

他にもお酒、カフェインなどの刺激物を摂取しすぎたなどの原因も考えられます。それらをなるべく生活の部分から無くしていく努力も頭を冷やすことと合わせて大切になりそうです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。