アラームなしでスッキリ!自己覚醒法のやり方

2016年07月28日

 

自己覚醒法を詳しく知りたい


そう思う方は毎朝起きるのが辛い、時間通りに起きるのが大変と切実にお悩みの人が多いと思います。そんな方におすすめなのが自己覚醒法です。朝目覚めるのにちょっとした工夫でアラームなしでもスッキリと気持ちよく目覚めることができるようになるかもしれません。

 

具体的にどんなことをする?


「自分自身の力で決まった時間に起きる。何て何だか難しいことをしないといけないのでは?」と面倒に感じる、本当に早起きできるのか不安と感じる人もいるでしょうが、ここは自分を信じて前向きな気持ちでトレーニングにチャレンジしてみましょう。

やり方はとても簡単で、まずは寝る前に自分が起きたい時間を強く思い浮かべるようにします。イメージするのもいいですし、寝る前に声に出して耳から脳へ刺激を送るのも効果的です。枕に向かってつぶやく人もいるようです。その次になぜその時間に起きるのか理由があればもっと成功率は上がります。

例えば「明日は大事な商談があるから6:00に起きて最終チェックをやる。」ということや「デートの約束があるから7:00に起きておしゃれする。」や「録画しておいたドラマを早起きして見たいから5:00に起きる」など何でも理由は良いようです。

 

楽しみにしている予定の方が成功率は上がるようですが毎日そういう訳に行かない人もいるのでそこは臨機応変に考えてみましょう。

初めは失敗するかもしれませんし、続けても中々成功しない人もいるかもしれませんが習慣として身につけるとだんだんと成功できるようになるようです。寝坊したときのことを考えてアラームのセットは忘れずに。まずは気楽に挑戦してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

上手くいったら自分にご褒美を


成功したら自分を思いきり褒め、ご褒美に何かを上げましょう。早く起きたら自分の好きな食べ物を朝食にすることや、ちょっと贅沢なランチを食べる等です。

自分なりのご褒美を見つけて寝起きの自分が気分良くいられるコツを身につけるといいようです。そうすると次の日も頑張ろうと思えて習慣化することに成功できるようです。

 

 

プレッシャーは禁物!


自己覚醒方法は強く思い浮かべるだけに心に掛けるプレッシャーが大きくなりすぎることもあるようです。そうすると中々寝ることができない、気になって睡眠の質が落ちることも考えられますので適度に早起きを楽しむ感覚でチャレンジしてみるのがおすすめです。

何よりも「やらなければ」「起きなければ」という自分を追い込む言葉は封印して、ポジティブに「私はやればできる」「起きることができる」と自分を認める暗示を掛けるような言葉でプレッシャーを少なくすることもできるようです。

健康のためにもなるし、寝坊ももうしたくない!とお悩みの方、何より自己覚醒が上手く習慣化していくまでは寝坊の予防策として目覚まし時計を活用しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。