座るだけでストレスが測れる椅子

2016年07月21日
1466577397

アイデア募集!優れた技術を魅力的な商品に

ソフトバンク株式会社は6月15日、ダイキン工業株式会社が開発した生体情報測定技術「エアリトモ」を活用するアイデアを、消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」で募集開始すると発表しました。

座るだけで体や心の状態がわかるという優れた技術で作られた椅子を、あなたの意見でより魅力的な商品に育てていきませんか。

「+Style」とは

ソフトバンク株式会社の企業と消費者をつなぐプラットフォームサイトで、企業は消費者の声を反映した商品企画から販売までを行うことができ、消費者は意見を述べて商品化に参加し、実際にできあがった商品を買うことができるというコンセプトで運営されています。

意見を集めて商品企画にいかす「プランニング」、購入希望者を募ることで販売を実現する「クラウドファンディング」、他では手に入らない商品を買うことができる「ショッピング」の3部門があり、今回の発表は「プランニング」部門に関するものです。

エアリトモの機能

チューブ状センサーの中の空気振動を測定し、心拍情報や呼吸情報、体動情報を分析する技術で、体にセンサーを取り付けることなくストレス度やリラックス度、眠りの深さ、呼吸のリズム、集中度、姿勢などを判定することができます。

ストレスなく測定を可能にすることから、赤ちゃんやお年寄り、ペットなどデリケートな対象への活用が期待されています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソフトバンク株式会社 プレスリリース(PRTIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000019325.html

+Style
https://plusstyle.jp/planning/item?id=5

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。