脳とこころのアンチエイジングクリニックが新宿に開院

2016年07月14日
1466570231

脳とこころのアンチエイジングを専門とするクリニック

ブレインケアクリニックは、新しいアンチエイジングクリニック「ブレインケアクリニック」を四谷三丁目にオープンしました。一生元気でいきいきと暮らすために、脳とこころのアンチエイジングを専門とするクリニックです。

理想的な健康と認知症の発症予防をめざすために、米国で開発された最新の認知機能検査(米国のCNS Vital Signs社が開発したコグニトラックス)を導入し、オーダーメイドの認知症予防プログラム「ブレインケアプログラム」を作成・提供しています。

認知症には根本的な治療法のないケースがほとんどで、患者数は年々増えています。認知症にならないためには早い段階からから長期的に予防に取り組んでいくことが不可欠ですが、発症を予防するために継続的なサポートを行う医療機関はこれまでありませんでした。

一人ひとりに合った認知症対策プログラム

個人の体質やその時々の状態に合わせて必要な栄養素をしっかりと摂ること、また、さまざまな方法を用いて総合的に脳を刺激していくことが、脳の機能を保つために必要です。

「ブレインケアクリニック」では、加齢による認知機能の変化をいち早く捉えるため、米国の認知機能検査「コグニトラックス」が導入されています。自律神経検査や血液検査など、複数の検査を組み合わせて多角的に認知症の発症につながる要因を明らかにすることが目的です。

そのような観点から、認知機能検査の結果や生活環境、要望などを踏まえて一人ひとりに合ったオーダーメイドの生活習慣改善プログラム「ブレインケアプログラム」を作成し、継続的にサポートするのが、「ブレインケアクリニック」の取り組みです。

40歳を過ぎたら注意しましょう

脳の機能低下が始まるのは、一般的には、40代の後半くらいからです。アルツハイマー病において、原因物質が脳に蓄積し始めるのは、発症するおよそ15~20年前からといわれています。

そのため、40歳を過ぎたら注意を始めることが必要です。このブレインケアプログラムを数ヵ月に一度受けることで、常に理想的な脳の健康を維持し、脳の老化予防や認知症予防につなげることが可能になるとしています。

■クリニック概要
医院名 :ブレインケアクリニック
院長  :今野 裕之
所在地 :〒160-0017 東京都新宿区左門町13 磯部ビル2F
アクセス:丸ノ内線「四谷三丁目」駅 徒歩2分
     JR中央・総武線「信濃町」駅 徒歩8分
     都営新宿線「曙橋」駅 徒歩11分
Tel   :03-3351-3386
Fax   :03-3351-3387
開院日 :2016年5月16日
ホームページ: http://brain-care.jp

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ブレインケアクリニックのニュースリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/105077

ブレインケアクリニックのホームページ
http://brain-care.jp

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。