気持ちよく起きるためには?

2016年07月15日

 

すっきりと起きられない朝の目覚め


朝の目覚めがすっきりと起きられない、まだ眠いということや、疲れが取れないということってありますよね。朝すっきりと起きるために、起きるためのヒントが欲しいと思われている方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、朝を気持ちよく起きるための方法をご紹介します。

 

朝を気持ちよく起きるための方法


1.質の良い睡眠を取れるような準備をする

朝気持ちよく起きるためには、寝る前の準備も大切です。寝る前は、身体を休みやすくするためにもカフェインの摂取を避けることが望ましいです。

カフェインは、コーヒー以外にも紅茶や緑茶などにも含まれていますので、就寝前はお水や白湯、またはカフェインレスの飲み物を摂取すると良いでしょう。

また、寝る前に水分を多量に飲んでしまうと、夜中にトイレに行きたくなってしまい安眠を妨げることにつながりますので、水分の取り過ぎには注意しましょう。

2.起きる時間から換算して眠る時間を決める

人間の睡眠は90分サイクルで、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。そのため、90分の倍数の時間で起きる時間を設定すると、眠りの浅いノンレム睡眠の時間を利用してすっきりと起きることができます。

寝る前に目覚ましアラームを設定する場合は、そういった時間を意識されると良いでしょう。

3.カーテンを開けて、日差しが入りやすい場所で眠る

朝、太陽の光が部屋に入ってくることによって、身体が目覚めの信号を受け取ります。

遮光性の高いカーテンを閉め切って眠ると、睡眠環境がずっと真っ暗であるため、身体が朝になったことに気がつかず、ついつい寝坊してしまうことにもつながります。

すっきりと目覚めたい朝には、カーテンを開けて眠るか、もしくは光を通すような素材のカーテンのみを締めて眠ることが望ましいでしょう。

 

4.朝起きたら日光を浴びる

朝、目覚めた後は、日光を浴びるのが良いとされています。これは、日光を浴びることによって、網膜が太陽の光を感知して、睡眠ホルモンでもあるメラトニンが減少し、体内時計が一気にリセットされるからです。

その為、朝、目覚めた後にベランダや外に出てみるのも良いでしょう。

5.水分補給を行う

人間は、寝ているうちにたくさんの汗をかきます。そのため、寝起きの身体は、水分が足りていない状態です。脱水症状ぎみだと、身体もうまくまわらない状態にもつながるため、朝起きた後はなるべく早く水分補給をするように心がけると良いでしょう。

代謝が良く、朝は脱水症状ぎみだと自覚のある方は、寝る前にベッドや布団の脇にペットボトルの水を置いておき、朝、起きた後、手を伸ばせば水分補給をできる環境にしておくこともおすすめです。

 

 

ちょっとした工夫で目覚めの良い朝を手に入れよう


いかがでしたでしょうか。気持ちの良い朝の目覚めは、ちょっとした工夫次第で手に入れることが可能です。今回ご紹介した方法を参考に、是非お試し下さい。

(画像はイメージです)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。