眠るときの靴下や手袋っていい?ダメ?

2016年06月07日

 

あなたはどっち?


あなたは夜眠るとき、靴下を履きたい方ですか? それとも履きたくない方でしょうか? 冷え症の人は「靴下を脱いで寝るなんてムリ!」と言い、寝つきのいい人は「靴下をつけたまま寝るなんて、気持ち悪い!」と答えます。

 

靴下を履かない派


靴下を履いて寝るなんて考えられないという人は、血のめぐりがよく新陳代謝のすぐれている人。布団の中に入るとあっというまに体が温まって、手や足の先までポカポカになり、寝つきのいいタイプです。

冬なのに、裸足の足を布団の外につきだして平気で寝ている人、いますよね。これは、上昇した体温の熱を足の先から放出しているのです。実はこの体温調節が、眠るときの重要なポイント。人は、体の熱を放出して体温が下がるときに、眠りに入ることができるのです。

靴下を履いたままだと気持ち悪くて眠れないという人は、素足じゃないとうまく体温を放出できないから。靴下の中が汗ばんでしまって気持ちが悪い、というわけです。

 

 

靴下を履きたい派


ところが冷え症の人は、常日頃から血行が悪く、手足の先の血流が滞りがち。体の中の老廃物を排出しにくいため代謝も悪く、むくみがちです。むくみは毛細血管などを圧迫してさらに血流を悪くし、「冷え」の悪循環となります。

夏でも手足が冷たいという人は、血のめぐりがよくないからです。手足が冷え切ったままでは、いつまでたっても眠ることができませんね。

冷え症の人は、靴下1枚では物足りず、2枚3枚と重ね履きしてしまいます。ソックスの上からレッグウォーマーで足先を包み込んだり、手袋をつけて寝たり、涙ぐましい努力をしますが、あまり効果はないようです。

 

靴下を履いて眠るのは間違っている?


実は、冷え症の人が靴下を履いて寝るのは大間違い、という説があります。

足先の冷えは、血流の悪さが原因。体の内部の問題です。外からいっしょうけんめい温めようとしても、血流が改善されないかぎり、芯から温まることはなく、靴下は一時的な対処法でしかないからです。

 


靴下は足を圧迫しがちなため、ますます血流が悪くなり、むくみの原因にもなります。冷え症をかえって悪化させてしまう場合もあるのです。また靴下を履いたままだと、入眠時の放熱でかいた汗が蒸発できず、逆に足を冷やすことにもなってしまいます。

 

就寝中の靴下の正しい履き方


どうやら冷え症の人が靴下を履いて寝ることには、あまりメリットはないようです。でも、足の先が冷たいのを我慢するのはつらいですよね。熟睡できず、寝不足になってしまいます。

冷え症を悪化させない靴下の履き方、もう一度考えてみましょう。

まず靴下の選び方。一番いい素材は、シルクです。シルクは吸湿性にすぐれ放湿性も高い天然素材。発汗作用をおこなう足裏にとって最適な素材です。なるべく足首のゴムがゆったりしていて締めつけ感の少ないものを選びましょう。五本指タイプがおすすめです。

綿素材は、吸湿性がすぐれているので適しているように思えますが、汗を放出しないためにかえって足先を冷やしてしまうことがあります。少々値段は高めですが、一度シルクの靴下を試してみてください。

「寝るとき専用の靴下」というのも市販されています。足が冷えないよう工夫されているので、こちらも一度試してみるとよいでしょう。

 

 

体質改善も必要!


冷え症の人は、まず血流をよくすることが大切です。

全身を動かすストレッチを習慣づける、就寝1時間前にぬるめの湯にゆっくりつかって体を十分に温める、寝る前に温かい飲み物で体の中から温まるなど、ちょっとした心がけで血流の悪さは改善されていきます。

体の芯から温まって眠りにつくことが重要。冷え症の人は、上手に靴下を使用しながら、体質の改善も考えていきましょう。そのうち、布団から素足を放りだして寝るようになるかもしれませんよ。

(画像はイメージです)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。