ビジネスパーソンの約6割、健康に不安

2016年06月08日
1463981302

日本調剤の自主企画調査で判明

日本調剤株式会社は、自主企画調査『ビジネスパーソンの健康に関する意識』を行い、5月19日にその結果を発表しました。調査の対象は全国の20歳~69歳のビジネスパーソン男女1,000人です。

20代女性の65%が健康に不安を感じている

図より、健康に不安を感じる人は全体で58.8%に上ることがわかります。また男女どの年代でも50.0%以上が健康に不安感を抱いており、特に20代女性が65.0%と最も高い結果となりました。

また健康に不安を感じる要因について、トップ3は「疲れやすい」(57.7%)、「肩・首こりがひどい」(41.8%)、「体がだるい、重い」(39.5%)でした。

健康のためのセルフチェック・心がけ

健康のために行っている日頃のセルフチェックについて、「体重測定」(46.3%)、「体脂肪測定」(19.7%)、「血圧測定」(18.3%)などが挙がりましたが、「特にない」(43.3%)という声も多く聞かれました。

また健康のために心がけていることについて、第1位は「食事の栄養バランス」(44.3%)、第2位は「十分な睡眠」(38.8%)、第3位は「規則正しい生活」(34.4%)という結果になりました。一方で30代男性は「特にない」が34.0%と、何もしていない割合が最も高くなりました。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本調剤株式会社 プレスリリース
http://www.nicho.co.jp/

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。