寝具のニオイで眠れないときの対策

2016年05月26日

 

布団がくさくて眠れない!そんな悩み、ありませんか?


だんだん気温の上がってくるこの季節。寝ようと思ってすっぽり布団をかぶったら、なんだかちょっと臭う。そんなこと、ありませんか?

空気の汚れが気になったり、雨が続いたりすると、なかなか天日干しもできません。あるいは、天日干ししていても、数日経つと、なんとなくまたニオイが気になってきてしまうことも。くさいなぁ、と一度気になると、なんだか寝つきも悪くなって、眠りも浅くなってしまいます。これは、困った!

 

布団が臭ってしまう理由


実は驚くなかれ、たとえ日中汗をかかなくても、人間は眠っている間に毎日コップ1杯ほどの寝汗をかいています。皮脂汚れだって、毎日少しずつ布団に付着しています。

もしも、寝ているお部屋の日当たりがあまりよくなかったり、湿度が高かったりすると、布団、あるいは布団をしまっている押入れの中にカビが繁殖していることも!

一方で、ちょっと考えてみてください。

今の布団を使い始めて、何年目でしょうか?その間、布団を洗ったこと、ありますか?・・・実は布団が臭うのは、ごく当たり前のことかもしれません。

そうはいっても、布団をクリーニングに出そうものなら、数千円はかかります。さらに何週間か待たされることを考えると、ちょっとためらってしまいますよね。

 

布団を洗おう!でも、どうやって?


心配無用!素材にもよりますが、実は、意外と簡単に自宅で洗えるんです。

浴槽にお湯を半分くらい入れ、液体洗剤を投入します。残り湯を使ってもいいですね。そこに、布団1枚を4つ折りにして沈めます。そのまましばし放置。その後、足で踏み洗いしましょう!

気持ちいいくらい水が汚れて、びっくりすること請け合いです。踏み洗いはちょっとしたエクササイズにもなり、ダイエットもできて一石二鳥かも?!

ちなみに、木綿わたや絹わた、ウールわたの布団は、家庭で洗うと偏りが出る場合があるので、注意が必要です。ポリエステル、綿、羽毛などなら特に問題はなさそうです。

脱水から乾燥にはちょっと時間がかかります。

すすぎは3回ほど。シャワーで水をかけながら足踏みしてもOKです。終わったら、1日浴槽のふちに布団を折りたたんで掛けておくだけで、かなり水が切れます。

水が切れてきたら、物干しに1〜2日かけて、乾かします。水気が重みで下がってくるので、半日おきに裏返すこともお忘れなく。

 

 

でも、そんなの面倒!というあなたは・・・


コインランドリーに行きましょう!大型洗濯機・乾燥機を使えば、ぐっと楽に布団の丸洗いができちゃいます。

ポイントは、なるべく大きい洗濯機・乾燥機を選び、乾燥には最低2時間かけること。そして、布団にキルティング加工が施されていない場合は、中身が偏る可能性があるので、細長く丸めてヒモで縛るか、10~20箇所程度、糸で綿を縫い止めると安心です。

いかがでしょうか?梅雨に入る前に、この際まるっと布団を洗ってみるのも、いいかもしれません。数年分の汚れが落ちれば、きっとぐっすり眠れますよ!

(画像はイメージです)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。