二人でストレッチして肩こり解消!

2016年05月09日

ストレッチ屋さんが伝授!パートナーストレッチ 第2回


ストレッチのプロである川合さんが教えてくれるパートナーストレッチ。二人でストレッチするメリットは、パートナーに筋肉を伸ばしてもらうので、ストレッチを受ける方は力を入れる必要がなく、最大限リラックスした状態でストレッチを受けることができること。

また、一人では難しい部位もパートナーにサポートしてもらうことでしっかり伸ばすことができるのです。

今回は、悩んでいる人が多い「肩こり」を解消するパートナーストレッチを教えていただきます。

■ポイントは頭を支えている首の筋肉をストレッチ!

約5~6キロの重さがある頭を支えている筋肉は疲労がたまりやすい。この筋肉に負担がかかると肩こりの原因になるので、まずはここを伸ばしましょう。

 

▽首の後ろを伸ばす

 

 

〔パートナー〕
両ひじを持ち、下方向に軽く引きます。

〔受ける人〕
頭の後ろで手を組んで下を向きます。

 

▽首の横を伸ばす

 

 

〔パートナー〕
肩を押さえて頭を真横にゆっくり押します。反対側も同様に。

〔受ける人〕
背筋を伸ばし、左右の肩を水平に保ち、首の力を抜きます。

 

▽肩甲骨まわりを伸ばす

 

 

〔パートナー〕
両足を合わせて座り、相手の手首を持って引っ張る。反対側も同様に。

〔受ける人〕
背筋を丸めて、体を軽く後ろに倒します。

 

▽腕~二の腕を伸ばす

 

 

 

〔パートナー〕
手首を押さえてひじを上方向に引っ張る。反対側も同様に。

〔受ける人〕
背筋を伸ばし、上げた腕の手のひらを背中につける。

 


プロフィール

 


ストレッチトレーナー
株式会社ストレッチ屋さん 代表取締役 川合利幸

1978年生まれ。三重県出身。埼玉大学経済学部卒業後、サラリーマンを経て、スポーツトレーナーとしてトレーナー派遣会社に所属。
明るい人柄と高い技術が顧客に評価され独立し、現在は各界著名人などのパーソナルトレーナーとして活躍中。2009年9月に、パートナーストレッチ専門店「ストレッチ屋さん恵比寿本店」を開業。
ストレッチトレーナーとして雑誌、TVの取材も多く様々な番組に出演している。
メールマガジン「柔軟☆魂」毎週3回配信中 HPトップページより登録可能

ストレッチ屋さんのホームページはこちら!

<著書>
「体が硬い人でも無理なく伸びる!症状別パートナーストレッチ」(主婦の友社刊)
「子どもの身長がぐんぐん伸びる!肩甲骨盤連動ストレッチ」(主婦の友社刊) 6万5千部突破!
「子どもの足がどんどん速くなる!リズミックラン&ストレッチ」(主婦の友社刊)

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。