PET検査でがんを早期発見・早期治療できる!PET検査ってどんな検査?

2016年09月09日

 

これまで見つけることが難しかった小さながんも、PET検査なら早期発見することができます。がんが不治の病と言われていたのは昔の話で、早期発見・早期治療することができればその多くは治すことが可能です。 がんが拡大したり他の臓器へ転移したりしてしまう前に、定期的な検診を受けることが大切です。

 

がんは早期発見で治すことができる

がんは不治の病ではありません。三大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)の進歩で、早期に発見できれば治癒率は大幅に上昇します。早期発見・早期治療で9割方が完治するとも言われています。

出典: 特集:PET/CT検査&食事療法で早期がん発見・早期がん治療|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

がんは早く発見すればするほど、その後の生存率が高くなることで知られる。胃がんの場合、ステージⅠで発見できれば5年相対生存率は97.8%、ステージⅡになると66.7%、ステージⅢでは半分以下の49.1%まで落ち込む。

出典:早期発見へ、採血1回で13種類のがんを識別:日経ビジネスオンライン

 

早期発見に効果的 PET検査

 

出典:医療法人財団 康生会 武田病院画像診断センター

PET(Positron Emission Tomography)検査は陽電子放出断層撮影法のことで、心臓、脳などの体の中の細胞の働きを断層画像として捉えます。これにより病気の原因や病巣、病状を的確に診断することが出来ます。

出典: PET検査ってどんな検査?|PET検査について|FIMACC 沖縄PET/CT検査施設 機能画像診断センター

従来のレントゲン検査では1.5cm程度、MRIやCTでも1cm程度に進行するまでガンを早期発見することができませんでした。 PET-CT装置は、通常検査の約10~20倍の検出能力があるので、これまで見つけにくかった全身(頭頂~大腿基部)の小さな病変を早期発見できるのです。

出典: PET-CT ガン検診 | 医療法人財団 康生会 武田病院画像診断センター

また、1度の検査で、ほぼ全身を調べられ、予想外の癌の発見に威力を発揮することから、癌の可能性が疑われながら他の検査で病巣が発見できない原発不明がんの診断や、がんの早期発見、病期(進行度)診断、転移、再発を調べるのに特に重要な検査とされています。

出典: PET-CT検査とは|つくば画像検査センター

 

どうやってがんを発見するの?

 

ガン細胞は通常細胞に比べ、約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があります。そこでブドウ糖に似た検査薬(FDG)を体内に注入し、その集まり具合を画像化すれば体の深部の比較的小さいガンを検出できます。

出典: PET-CT ガン検診の有用性 | 武田病院画像診断センター

 

多くの「がん」は正常組織の3倍以上のブドウ糖を消費する性質があります。 そのためブドウ糖に似た検査薬(FDG)を静脈内に注射すると 「がん」の病巣には多くのFDGが集まります。 このFDGはPET装置で検出できる放射線を発するように標識されているため、スキャンすることで身体の外から「がん」の病巣が検出できます。

出典: PET/CT検査を中心にがんの早期発見を|LSI札幌クリニック -人間ドック(PET検査)でがんを調べる-|LSI札幌クリニック

 

メリットとデメリット

 

比較的早期のうちにがんを発見することができるため、思いがけないがんが見つかることもあります。一回の検査で様々ながんを調べることができるので、がんを心配される中高年の方(特に50歳以上)、家族にがん罹病歴がある方、また、がんの転移や再発を心配される方にすすめられます。

出典: PET検査とは | YOURドック(人間ドック予約)

約30分で頚部から骨盤部までの重要臓器を一度に検査できます。 FDGはもともと血液中に存在するブドウ糖の類似体なのでアレルギーなどの副作用はありません。 静脈内にFDGを注射して、身体全体に分布するのを1時間ほど安静にして待つだけで検査できます。

出典: PET/CT検査を中心にがんの早期発見を|LSI札幌クリニック -人間ドック(PET検査)でがんを調べる-|LSI札幌クリニック

 

FDG薬が集まりにくい前立腺がん、腎がん、膀胱がんや肝臓がんなどの診断は難しいため、全身のがんを見落としなく調べるためには、CT、MRI、腫瘍マーカーなどの他の検査と組み合わせて診断する必要があります。

出典: PET検査とは | YOURドック(人間ドック予約)

 

CT検査と併用でより高い精度の診断が可能に PET-CT検査

 

「PET/CT検査」とは、PETによる「糖代謝の機能情報」とCTによる「形態情報」を融合した画像で診断する検査法のこと。体内の細部まで写し取るCT画像と同時に撮影することで、PET単独では難しい、疑わしい部位の形や場所などをはっきり把握することができます。

出典: 特集:PET/CT検査&食事療法で早期がん発見・早期がん治療|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

 

PET-CT検査とは、CT装置を併用することで、時間差による画像のずれを防ぎ、高精度に位置合わせが可能になります。そのため、さらに鮮明な画像で、腫瘍の位置や大きさを撮影することができ、より詳しく分析できます。

出典: PET-CT検査とは|つくば画像検査センター

 

検査の流れ

 

正しい診断のため、検査前4~6時間の絶食が必要です。糖分を含まないお茶などは飲んでも構いません。
1. 受付~着替え
受付の後、問診、 血液検査、着替えを行います。アクセサリーや時計などはすべて外してください。

2. 検査薬の投与
PETで用いる検査薬が体内に十分行き渡るよう投与から1時間ほど安静にします。検査を正確に行うため、撮影前に排尿します。

3. 検査
仰向けになって寝るだけで痛みなどはありません。検査にかかる時間は20〜30分程度です。

4. 休憩
放射性物質を含んだ薬なので、その強さが十分弱くなるまで30分ほど待ちます。
 

出典: PET検査とは | YOURドック(人間ドック予約)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。