自転車で介護不要のシニア期を過ごそう

2016年10月07日

 

シニア特化自転車「cogelu(こげーる)」発売


株式会社サギサカは2016年9月21日(水)に、シニア層が安全に乗れて健康維持につながる自転車「cogelu(こげーる)」を発売します。筋力を維持して介護を予防し、健康なシニア期を送れるように開発された自転車です。

40歳を境に低下していく筋力を維持することは転倒予防や立ち座りなどの生活の質を維持することにつながり、健康なシニア期を過ごすためには重要なことだとの認識が広がりつつあります。

自転車のペダルをこぐ操作は、下肢の筋力を高め関節を柔らかく保つことに効果的ですが、一方で自転車は不安定なのでシニアが乗るには危険が大きいというイメージもありました。

そこで介護事業も手がける同社は、シニアが楽に安全に乗れる自転車の研究を重ね、「こげーる」販売に至ったということです。

 

 

 

シニアのための構造と安全機能

 


通常の自転車に比べ44%も軽く踏めるペダルと、足の関節に負担をかけないクランク、またぎやすいフレーム、腰当て付きサドル、安定感のための低重心など、シニアが乗りやすい構造を追求しました。

さらに、LEDの常時点灯、暗くなると自動で点灯するテール、停車時や前かごから荷物を出し入れするときのふらつき防止、軽く立てられるスタンドなどを含む7箇所に安全面での工夫が見られます。

シニア期の充実には、体力を維持することに加え人と関わるというメンタル的な刺激も重要だといいます。自転車に乗ることで行動範囲が広がり、積極的に社会と関わることで若々しいシニア期を過ごすことができそうですね。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社サギサカ プレスリリース(@press)
https://www.atpress.ne.jp/news/110859

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。