災害時でも衛生リスクを減らす「清潔ケア情報」配信!

2016年09月28日

 

災害時に役立つ清潔・健康ケア情報


2016年8月31日からライオン株式会社のホームページで、災害発生時におこる衛生上のリスクを軽減するための「災害時の清潔ケア」情報が配信されています。PDF版も公開されているので、非常持ち出し袋へ常備が可能です。

今回の第1弾の内容は「手の清潔ケア」と「オーラルケア」について掲載されています。

 

 

 

「手の清潔ケア」と「オーラルケア」の重要性


災害発生時には避難生活での水不足が懸念され、生活上の衛生リスクが高まります。手を清潔に保つことは食中毒防止に役立ち、見過ごされがちなオーラルケアに気を配ることは、虫歯予防や歯周病予防また、感染症、誤嚥性肺炎の予防にもなるのです。お手拭きシート・すりこむだけの消毒液・ハブラシ・洗口剤・歯間清掃具・義歯ケースなどを常備しておくことを勧めています。

災害時にはケガの他に、ストレスによる疾患も起こりやすくなるので、できるだけ手や口腔内を清潔にし感染症等の予防だけではなくストレスも軽減したいものです。

 

 

ポイントや注意点などわかりやすく説明


この生活情報メディアの「Lidea」では、水で手洗いできない時やハブラシがない時、水が不足しているときの口腔内ケア方法やポイントをわかりやすく説明しています。ライオン株式会社では、今後も災害時に役立つ清潔・健康ケア情報を配信していくそうです。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ライオン株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp

生活情報メディアLidea
https://lidea.today/articles/915

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。