清潔な寝具で夏も快眠!寝具を週に何回洗ってる?

2016年08月17日

 

睡眠の質と寝具ケアの関係を調査


暑さで疲れた体を休めたくても、夜になっても暑い日はよく眠れません。ライオン株式会社が行った「寝具と洗濯に関する実態調査」が、8月9日発表されました。寝具をきちんと洗い上げることで、心地よい睡眠が得られます。

 

 

 

調査で分かったのは


調査の対象は、20歳から59歳の1,200人の女性。寝具の洗濯頻度の高い人ほど「快適な睡眠が取れていると思いますか」の問いに「そう思う」と答えています。また肌触りも重要で、快適な睡眠が取れている人は「シルクのようななめらかな肌触り」の寝具を使っています。

私達の体が眠っている間にかく汗の量は、ひと晩でおよそ500ミリリットルから1リットル。汗を含んだ寝具には雑菌が繁殖しやすく、汗で湿ったままの寝具では眠りにつきにくいことはもちろん、増えすぎた雑菌が健康に影響を与えることも考えられます。

しかし、実際には、「ねまき」は9割を超える人が週に1回以上洗っているものの、「敷き・掛け布団カバー/シーツ類」では週に1回以上洗っている人の割合は4割強にすぎず、頻繁に洗えない状況がうかがえます。

 

 

 

頻繁に寝具を洗えないなら


寝具を頻繁に洗えない場合、掛け布団は外して湿気を飛ばすなど、使った寝具に風を通す工夫が必要です。また、同社の「トップ ハイジア 除菌・消臭スプレー」といった除菌スプレーの使用も有効。なめらかな肌触りには、柔軟仕上げ剤の使用や干す前に振りさばいてから干すひと手間が効果的です。

睡眠の質と寝具ケアには関係があることが調査で分かりました。心地よい肌触りの寝具を清潔に保つことが、暑い夏の夜を乗り切るために大切です。

同社の生活情報ウェブメディア「リディア」で役立つ洗濯情報が掲載されています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ライオン株式会社 リディア
https://lidea.today/

ライオン株式会社のプレスリリース (@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/109157

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。