お酒といい付き合いをするために

2016年08月05日

 

二日酔いをしないために


作家兼パーソナルトレーナーであるRomaniello氏は「健康的なお酒の飲み方」を紹介しています。楽しい飲み会でお酒を飲み過ぎ、翌朝最悪な気分で一日をスタートさせた、という経験をしたことがある人は非常に多いことでしょう。

今回はRomaniello氏が提唱する健康的な飲み方を紹介します。

 

 

 

酔いにまつわる諸要因


Romaniello氏はお酒・水・食事の相互関係を説明しています。まずは、自分のお酒の限界を知ることが大事だとしています。自信がなければお酒は少なめにすることです。

そして、お酒を1杯のんだら水も1杯飲む習慣をつけます。これで、適切な水分補給ができるようになります。

 

 

 

 

お酒と食事の関係


お酒を飲む前に1日の摂取カロリーを満たすか、主要栄養素の3割・4割は取っておくことです。飲酒の前に食事を取っておくことで、酔いの回りが早くてだらしなくなったり、食欲が増幅して食べ過ぎたりするのを防いでくれます。

 

 

 

 

楽しいお酒のために


以上のお酒・水・食事の関係を保つことができれば、飲み会を楽しみかつ酔いを抑えることができます。二日酔いになって次の日ひどい思いをするくらいなら、飲んでいるときに気をつける方が良いのではないでしょうか。

お酒とのうまい付き合いの参考にされてください。


▼外部リンク

VITALS
http://vitals.lifehacker.com

lifehacker
http://www.lifehacker.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。