「ゲリスク」の誘惑に負けていませんか?

2016年08月15日
1468394061

「夏のゲリスク診断」WEBコンテンツ開始

大幸薬品株式会社はWEBコンテンツ「夏のゲリスク診断」を2016年7月1日から開始しています。それに伴い「夏の下痢」について夏にお腹の不調を起こしやすい15歳〜49歳までの男女400人を対象に調査をおこないました。

夏はゲリスク=下痢の原因が高い?

梅雨があけると冷たいものが無性に恋しくなってきます。そんな中で下痢を起こしてしまった経験がある人は少なくないようです。下痢経験者に「下痢の原因=ゲリスク」を聞いたところ78%の人が「冷たいジュース」、76%が「冷たいスイーツ(アイスやかき氷など)」、「冷たいコーヒー、紅茶」が71%でした。

10代男性の「扇風機をつけて寝ていた」や20代女性の76%があげた「エアコンの効いたオフィスにいること」また、40代男性の64%があげた「ビールやアルコールの摂取」など外部からの冷えも原因となっており、年齢・性別によってもゲリスクも違うようです。

予測不能な下痢のシーン

どんなシーンで下痢になったら嫌と思うかに対しては、「海・プール」が82%、「移動中の乗り物内」が79%、「通勤途中の電車内」が77%となっています。トイレが見つかりにくい外出先では不安になるようです。

また、他の季節より夏はゲリスクの誘惑に負けやすいと思っている人は81%いましたが、対策には自信のない人が多くみられました。

1468394025

夏の誘惑に潜む、下痢の正体を暴くコンテンツ

調査をおこなった大幸薬品株式会社の「夏のゲリスク診断」では、夏の生活習慣によってそれぞれがどんな下痢になりやすいか二択式の簡単な質問に回答すると診断してくれます。また下痢のメカニズムもわかりやすく解説しているコンテンツもあります。夏に向けての下痢対策に利用できそうです。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大幸薬品株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
http://prtimes.jp

夏のゲリスク診断URL
http://twitter-seirogan.jp/gerisk

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。