メタボが引き起こす肝臓疾患予防にビルベリー!

2016年07月11日
1468387390

ますます注目される「ビルベリー」

目をはじめとする健康維持で活用されているブルーベリーサプリメント。株式会社わかさ生活が、ブルーベリーサプリメントの主成分である北欧産「ビルベリー」の機能性の研究を続け、北海道大学との共同研究結果を、7月7日~7月8日に開催された「第23回肝細胞研究会」でポスター発表をしました。

その結果として、ビルベリーを摂取することにより、目以外の健康効果に対する効果が期待できると発表しました。

研究の背景は?

日本では、40歳~70歳の男性で約25%、女性で約20%、つまり4人~5人に1人がメタボリックシンドロームと言われています。
主にメタボリックシンドロームは、内臓脂肪、高脂血症、高血圧、高血糖などが大きく着目され、肝臓への影響については、あまり着目されてきませんでした。

今回、共同研究で、肝細胞を用いた試験をし、細胞内の脂肪が増える脂肪化と、酸化ストレスのダメージに対するビルベリーエキスの細胞保護効果を調べました。

気になる結果は?

結果として、ビルベリーエキスが肝細胞の脂肪化を抑え、酸化ストレスによる肝細胞の傷害を抑制することがわかりました。それにより、メタボリックシンドロームによる肝臓障害や脂肪肝炎の予防に有用である可能性が出たのです。

より健康でいるために、今後の情報にますます注目が集まります。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社わかさ生活 プレスリリース
http://prtimes.jp

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。